閑話小題 ~ また~!

* 昨夜の「新潟沖地震(仮称)」 地元経済にとって、この地震は厳しい。5年先?には、何とか飼い馴らし?を謀ってきたのに、これで二倍の10年先に… 何せ、柏崎・刈羽原発は、世界最大規模を誇る原発基地。柏崎市内の公共投資は、その収入を前提で造られてい…

閑話小題 ~今週のYouTube!

* YouTubeでみる大波の襲来 土日の週末は、TVはYouTubeを中心にして見ることにしている。自然とテーマが絞られる。「アフリカの野生動物」「KOシーン」や、「逃走車の追跡劇」「ムササビ・スーツの滑空」「ドローン・レース」「バンジージャンプ」‥など。 …

閑話小題 ~今週のYouTube!

* YouTubeでみる大波の襲来 土日の週末は、TVはYouTubeを中心にして見ることにしている。自然とテーマが絞られる。「アフリカの野生動物」「KOシーン」や、「逃走車の追跡劇」「ムササビ・スーツの滑空」「ドローン・レース」「バンジージャンプ」‥など。 …

閑話小題 ~ヨガ・エアロに7年と3ヶ月

* どう?効果があるの? 数日前のこと、7年の間、ヨガで隣り合せの人に、参加をしたばかりの人が、『腰痛、少しは良くなってるの?』と聞いていた。 暫し迷った上、『何ともいえない!』との答え。実感だろう。 私の内なる問答では、【 ジムに8年、ヨガが7…

閑話小題 ~また新潟県、長岡!

* 日本籍タンカーの攻撃 何か奇妙な日本籍タンカーの攻撃が発生。真相は闇の中だが、安倍首相のイラン訪問の時期だけに? 状況からみて、CIA辺りの策謀? はたまたサウジなどの産油国が、原油価格の上昇を狙ったものか? 如何だろう?イランにとって、安…

閑話小題 ~二千万の預貯金が本当に必要か?

* なんとまあ、正直に それこそ、忖度して1000万に屁理屈を付け発表すべきだった? まあ、何と!『二千万が必要か?』は哲学的な問いかけ でしかない。 平均寿命が100歳とした、単純計算。まず歳を重ねるごとに、生活費が少なくて済むという要素が入ってい…

閑話小題 ~我れらは、可愛い囚人ですか! ―2

* 何とも、はや!・このシステムから多くのことが思い浮ぶ。 情報・知識管理である。中央の管理塔を自分として、それぞれ周囲を直接、見えるようにして、各フロアーごとに分類し、各階をテーマごとに色分け、ナンバリングで分類し、その中にキーワードを潜…

閑話小題 ~我れらは、可愛い囚人ですか!

* パノプティコン【panopticon】 これは面白い。権力者が大衆をコントロールするにも思想的にも応用されている。アフリカや、アメリカ、アジアの進出に、まずは部族長を懐柔し、周辺の部族を従わせる手法。その前に、キリスト教の普及の下準備がある。 日本…

閑話小題 ~日々・是・好日 ー2

* つれづれなるままに ~『こんな私に誰がした!』 ですか。 口癖になって繰返しになっているのが、『あっという間に、1日、1週間、1月が経ってしまう!』リタイア後、日を追うごとに、その感が強くなっている。ストレスが減っていることと、大して変わり映…

閑話小題 ~日々・是・好日 * つれづれなるままに 中高年の引籠りに関する事件と、高齢者の交通事故が続き、その詳細は、週刊誌や月刊誌が、その背景と実情を報じている。各家庭でも、多かれ少なかれ抱えている問題。久しぶりに出会う友人とは長男の話はタ…

閑話小題 ~映画観賞 『ミッドナイト・バス』

閑話小題 ~映画観賞 『ミッドナイト・バス』 * 考えさせられた映画である! 去年早々に、シネマ館で見ようかどうか迷って、結局、見ず終いだった『ミッドナイト・バス』がWOWoWで放映されたのを録画。それを数日前に、見た。 新潟駅前で、31年、ビジネスホ…

閑話小題 ~あの世に持っていけるもの

* あの世に持っていけるもの! 『そんなもの、あるはずがない』と一言で終わる問題だが、そうではなく正面から考えなければならない『死』の問題でもある。そこで、まず<「あの世や来世は存在するか?」 はたまた「すべての終わりか? 」>の人類永遠の素…

閑話小題 ~つれづれに ―たまには息抜き…

* シリアスな内容が続いたので このところ小難しい話が続いたので、今日は中抜き。 週の中心が木曜日で周っているような。・月、火、水曜日が‘前半’でホップ。・木曜日が‘なか日’で、ステップ。・金、土、日曜日が‘後半’でジャンプ。後半のジャンプの方が楽…

閑話小題 ~映画観賞 ―『ワンダフルライフ』

<『ワンダフルライフ』 是枝裕和監督・1999年> * 何れの思い出を選ぶ? 何らかのテーマの随想日記を個人HPで公開を始めて18年も経過した。一度だけ5分遅れで掲載出来なかった以外は、何とか続けてきた。旅行中は、書きだめをして、ネットにあげて知人に頼…

閑話小題 ~映画観賞  ー『幸せの絵の具』

* 『幸せの絵の具』 何気なくブルーレイの録画を寝室でみた。可能な限り、一日一本は、 心の底から『面白かった!』と思えるのを選択するが、そう考えると 実際あるから不思議。問題は、ある筈と信じて探すかどうか。毎週、 シネマ館通いをして10年近くなる…

読書日記 ~『遅刻してくれて、ありがとう・上巻』 -2

<『遅刻してくれて、ありがとう・上巻』トーマス・フリードマン著> * とにかく変化が激し過ぎる 最近、著しく変わったのが「高賃金で中スキル」の仕事が、少なくなったこと。フランスまで修行をして帰国しても、料理としては、スーパーのパックした冷凍食…

閑話小題 ~怒りの正体

* 古代、神々は怒り狂っている 怒りをテーマに、これまで多く書いてきた。先週末の朝日新聞の日曜版<Globe>の特集記事が…【angry? 怒りの正体】であった。様々の切口が新鮮の内容。その一つが、『古代から神々は怒り狂っていた』のテーマ… ~その概要は~…

閑話小題 ~「この国は犯罪政権の手中にある」

「この国は犯罪政権の手中にある」ロッシェル・カップ * 現実の方が面白い! 朝日新聞の別冊・Globeに面白い見出しがあった。<「この国は犯罪政権の手中にある」ロッシェル・カップ>である。あまりに刺激的、かつシリアスである。 要約すると、【 マーラ…

閑話小題 ~映画感想 ー『GODZILLA ゴジラ』

ゴジラ映画を、米ハリウッドで新たに映画化して、‘T-lex'劇場で見たらこんなに面白くなった『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』。「T=LEX」といえば、一月前に、『アベンジャー』で、ド肝を抜かれた。(後にコピー)。東宝特撮のスター怪獣を動員をさせ、…

閑話小題 ~サイレント・ブルー 2

* サイレント・ブルーの世界 ブルーは空と海の色。人が青に魅かれるのは、生物の起源が海にあるため、緑と茶に魅かれるのは、陸地の森と林を起源となるため。深海は、まだまだ未知の世界。 ~海の概要といえば…【 ・地球表面の70%を占める海。その海全体の…

閑話小題 ~サイレント・ブルー

* 深夜の冴えた時間帯で… 昨年暮れから、年を越えて10回シリーズで、BSテレ東で放送されたドラマ『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻』があった。残念ながら見なかったが、「サイレント・ヴォイス」の言葉が妙に残った。 ネット検索によると;…

閑話小題 ~父親の命日にストーンヘンジの話

* 英国のストーンヘンジ 何度か、ストーンヘンジを取扱った旅番組や、ドキュメント見てきたが、みる度に、多く学ぶことになる。世界各地にあるが、特にイングランドに多くある。小さいのは1000ヶ所、埋もれたままの者が、その倍はあると… ~まずは、ネット…

閑話小題 ~前日の文章と気づかずに…

* 何てこっちゃ 先日のこと、前日のテーマ日記の下書きを1時間近くかけて修正し、さてアップしようとして、それが前日の文章と気づいたのである。 文面は如何にでも手直しできる未熟な内容と知った時のショックたるや、如何ばかり! ところが、実は、この経…

閑話小題 ~今場所は、まずまずですか!

* 大相撲、今場所の雑感◉ 何時のことだが、初日と、千秋楽と、その前日の取組が、何とも必死さが伝わり面白い。千秋楽に近づくと、10両下位と、幕下上位陣の力士の入替え戦が組まれる。これは「前に立つか、後ろに回るか」の、シリアスの立場の交代戦のケー…

閑話小題 ~「おばさん」の話 ―4

* 「おばさん」についての一般論◉ ある調査機関が、全国20代〜60代の男女1,349名を対象に「おばさん」と思う 年齢を調査をしたところ、全体で最も多かった回答は41〜45歳(25.4%)と… イメージからすると、30歳代半ばから40歳を超えると、おばさん? 20代、3…

閑話小題 ~思いもよらない展開で …目出度し目出度し!

* 大相撲で無名の力士が 一敗した時点で、あとは連敗だろうと思っていたが、神がかったように、連勝を続けて優勝したのが『朝の山』という無名の力士。 アメリカ大統領杯を、世界が注目する中で大統領から直接与えられる栄誉を得ることになった。これだけは…

閑話小題 ~「おばさん」の話 ―3

* こてこての「大阪のおばちゃん」 「おばさん」といえば、「大阪のおばさん」に代表されるこてこての「唯我独尊」の塊りの女性。 「えげつなさ」が、その最たる特徴。だが憎めなさも兼ね備えてある。その中和したところが「おばさん」。 ~ ネット検索をす…

閑話小題 ~「おばさん」の話 ―2

* 林真理子の「おばさん」の話 なるほど、売れっ子作家の『オバサン』の話題は面白い! その一部を抜粋する。≪ 「オバサン」という言葉を、とてもポジティブにとらえるようになった。 少なくとも、「おばあさん」と言われるよりずっといい。 つい先日、東北…

閑話小題 ~「おばさん」の話 ―1

* 「おばさん」 「おばさん」をネット検索すると…【 かつて成人女性全般を「おばさん」と呼んでいた。しかし、語感として 年長感があることから、主に中年・初老の女性を指す呼び方になっている。中年の範囲は明確ではなく、何歳からおばさんにあたるのか、…

読書日記 ~『遅刻してくれて、ありがとう』 -1

* 「固体から液体へ」! この数年で社会の有りようが根底から変化して、何か、途轍もないことが起きているのではという不安感が世界を覆っている。ネット世界が現実社会を覆って数年経つ。 図書館で、ずばり、それをテーマにした新書の上・下巻があった。さ…