読書日記 ー退屈なのは、世界か、自分か ~3

<僕が旅に出る理由 NIPPON DREM PROJECT> * 何かを求めて、探し続ければ退屈など滅相もなし 新潟駅前の土地取引先の、老境というより死期に迫った老夫婦の御婆さんが、最期に語ったことは! 『2人でいっぱい旅行をしてきた。もう人生に何を求めるでなし…

読書日記 ー退屈なのは、世界か、自分か ~2

<僕が旅に出る理由 NIPPON DREM PROJECT> * 旅の目的地は、新しい自分 ;編者が100人の学生の旅行体験から感じたことは: 「旅の目的地は、いつも新しい自分なんだ」ということ。 52年前から此の方、何時も、旅行先で、それまで背負った肩の荷を振り落と…

映画評 ~『ジョーカー』 -2

* 人間の悪の原点とは 重く、息苦しく感じるのは、人間の原罪を目の当たりにする内容だから。誰もが内に秘める狂気が何かをキッカケに呆気なく爆発する。ヒットラーにしろ、スターリンも、こういう狂気を秘めていた。多かれ少なかれ人間には、傷があり、そ…

映画評 ~『ジョーカー』

* 気持ち悪くて正視できなかったが、そこが面白い! バッドマンの悪役ジョーカーの由来を演じたドラマで、内容は暗い。決して軽くない精神疾患を抱えも何とか生きてきた大道芸人だった男が、ある時、爆発する。精神疾患?の映画といえば、明るく切ない内容…

読書日記 ~退屈なのは、世界か、自分か ~1

<僕が旅に出る理由 NIPPON DREM PROJECT> * 世界は、驚き、感動で満ちている 「ブックオフ」で見つけた100円本。初めて海外旅行をした学生100人が集い、その中の11人が書いた海外旅行への啓発本である。半世紀前に欧州一周ツアー以来、52回、秘異郷を中心…

閑話小題 ~セブンイレブン、お前もか

* 勝ち組、セブンイレブンのリストラ 台風騒ぎで、少し古い話題になっが、数日前の朝日新聞の一面トップに、< セブン&アイが約4000人の人員削減を発表 >とあった。勝ち組・ヨーカ堂グループのリストラ。来年の‘黒鳥の到来’を読んでの先手か。業績の悪化…

閑話小題 ~台風19号談

* スポーツジムの台風の体験談より… マスコミは、最悪の地区向けに、東北大震災の大津波の到来並みに警報を出していた。何か数千、数万の死者が出そうな… 命拾いをした被害者は、異口同音に、「まさか、ここまで危険とは思いもしなかった」と。この位でもよ…

閑話小題 ~書家・武田双雲

* あの一字が、相撲の立合いのエネルギーの瞬時と… 昨日の早朝、ポタリングに行こうか迷った末、予定を中止。 何気なくニュースを見ていると、書家の武田双雲のインタビューを中心とした取材があった。 3年前、本人がブログを更新し、発達障害のひとつであ…

閑話小題 ~ワールドカップ・ラグビー

* “魂の24分間”強豪スコットランドに得点許さず さて寝ようと思った瞬間、そういえば、ラグビーのスコットランド戦があったことを思いだしチャネルをまわすと、開始後から30分近く経過していた。 ロシアから61点、サモアから34点を挙げている相手。…

閑話小題 ~何故にまた、巨大災害が続くのか? -2

* 台風19号は、どうなった 先回は、台風15号の二日後に、巨大災害をテーマにした。その一か月後に、今度は超大型の台風が神奈川から東京にかけて直撃。被害は、まだ判断は出来ないが、ワールドカップの開催の真只中、国家威信をかけた大会だけに、大き…

閑話小題 ~つれづれに哲学 =悪魔の代弁者

* 悪魔の代弁者 「正・反・合」を、物ごとの決定などの判断に使おうというのが、教会の聖人の「聖列加入の判定」で使われてきた。 ~ネット辞書には…《・すべての教会の中でもっとも不寛容なローマ・カソリック教会が、 聖人の聖列加入の際にすら、「悪魔の…

閑話小題 ~大廃業時代 ~2

NHKスペシャル『大廃業時代 〜会社を看取るおくりびと〜 』 * 来年は、極めて厳しそう 来年度の倒産廃業リスクのある中小企業が31万社、全体の140万の2割強になる。10年前に、当時の倒産数が12000社。1万5000社を超えると、社会が不安定になると聞いていた…

閑話小題 ~大廃業時代 ~1

NHKスペシャル『大廃業時代 〜会社を看取るおくりびと〜 』 初回放送(総合2019年10月6日(日) 午後9時00分~9時49分) * 娑婆世界は、とんでもないことに? 録画をして見たNHKスぺシャルを、昨日みたが、あまり悲惨な部分はなかった。現実の倒産劇は、こん…

閑話小題 ~「美」を感じる心が魂 -2

<文芸春秋 令和元年6月特別号/新連載 第一回 「醜」> ◉ <…だから、「何かに憧れたり、ひととき、我を忘れる時間を作ろうとする。 それによって、醜い自分や居心地の悪さから飛躍できる> 芸術家は、己の醜さからの解放を求め、結果的に美を生み出すことに…

閑話小題 ~「美」を感じる心が『魂』の器 -1

<文芸春秋 令和元年/6月特別号 新連載 第一回「醜」> * 玉三郎かく語りき 大自然の絶景に魂がうち震えた経験を何十回、いや何百回もある。大自然の絶景に、天空のオーロラに、時に、ふと邂逅した若い女性美に、我を忘れて魅入ってしまった瞬間、「ああ、…

閑話小題 ~そんなまでして生きたいか ー3

どんなに達観している人も、いざ!自分に直面すると… 「拷問は、むしろ苦しみを紛らわせてくれる」というから。< 十分たったら、いや、三十秒たったら、いまにも魂が肉体から脱けだして、もう二度と人間ではなくなるんだということを、確実に知る気持ちのな…

閑話小題 ~今の時代に…何?

* 今どき、耳を疑うような汚職が 今どき関西電力上層部の汚職事件が… 。何か深い闇が広がりを感じる事件。検察からのリークか? 内部告発か。その贈賄側の主役の当事者が、この春に亡くなっていた。病死のようだが、事件が事件だけに、自殺か、他殺かと頭に…

閑話小題 ~南海トラフの大地震と津波の脅威!

* 30年以内に交通事故が起こる割合は24% 今後30年以内に「南海トラフ」地震の起こる割合が70%に対し、30年以内に交通事故が起こる割合は24%。火災の羅災率は1・9%。これに対し、ほぼ100%が保険をかける用心深さに対して、あまりに楽観的過ぎる日本人。…

閑話小題 ~慈悲の瞑想

* 瞑想の具体的実践と効果をみると 明治以来、資本主義社会の価値観の中で、『倒産や会社清算が悪い」と信じてきた。しかし自分が31年の事業を清算するにあたって実感したのは、善悪が複雑に重なっているということ。思いもよらぬ断層の中で、節目を清算と…

閑話小題 ~電動マッサージボール -2

* その後の「電動マッサージボール」は? ◉ 「電動マッサージボール」は、その後に如何なったかというと! 一日も欠かさない生活の一部となり、主に寝室か居間でTVを見ながら使っている。大きさがソフトボール大で、充電方式で無線でに携帯できるところが良…

閑話小題 ~どうなってる ?

* 茨城県境町、その後は… 何故か得体のしれない事件である。空巣の居直り殺人が有力のようだが、雨降る0時40分に、空巣に誰が入るのか? 当然、疑われる長女。犯人ならば、返り血をあびて血だらけのはずで、事情聴取を受けて然るべきなのに、それらしき報道…

閑話小題 ~韓国の怒りの正体… -2

<「リベラルじゃダメですか?香山リカ(著) 2014/8> * ポジナショナリズムの時代に 5年前に、著者:香山リカが、<ぷちナショナリズムからガチナショナリズム、そしてさらにポジナショナリズムに> と予言していた。まさか、この論が予測したようにアメリカ…

閑話小題 ~74歳の同期会の現実

* 前期高齢者の区分の最終年の同期会 74歳が44名も集った中学の同期会も、若い人たちからみれば、どう見えた?大学の卒50周年記念は300人。総長は「これだけの御年寄りの会も「ギネスもの」と! こういう会は、恵まれた人生を過ごしてきた人たちしか出席で…

閑話小題 ~そんなまでして生きたいか ー2

* 所詮は、宇宙のゴミだもの ◉ その際にある人が、数ヶ月前、深刻な顔で、 『平気な顔をしているが、怖い! 一応、目やすにしていた5年を超え6年目に入ったが、夜半に恐怖が襲いくる。…寝たきりでも、質のいかんに関わらず、少しでも生きていたい。この恐…

閑話小題 ~そんなまでして生きたいか ー1

* ステージ3の知人との対話◉「少しでも、生きていたい!」は、銃殺直前に突然許されたドストエフスキーの緊迫した心理状態と同じかと… 最期は誰も、その苦しみの中で…プツン!限られた時間内で考えることは?「何をするため生れてきたのか」「もっと何事に…

閑話小題 ~末路の韓国は、そのまま日本と?

* 「滅公奉私」が基本的価値観 漫画世界のような奇異の感がする朝鮮。北はドン様、南の大統領は、失脚後に間違いなく逮捕される御国。北との臨戦対立で、権力が大統領に集中するため、汚職体質が避けられない。それも儒教が浸透しているのに、この有様。 日…

閑話小題 ~買わないという選択はないやろ

* 不快なCM ~買うやつの気が知れねい案件 俳優の佐藤健が、 鶴瓶の楽屋にやってきて、「なに、ニヤニヤしてんすか?」「師匠も買うんですね」と聞くと、「買う買う買う買う、そら買うよ」「買わないという選択肢は無いやろ」と睨んできて「健」「あかん…

閑話小題 ~何とまあ・・

* 中国の「996問題」 次男が過って外資系の会社に勤務していたこともあり、中国人の同僚の優秀さを聞いていたこともあって、この記事を読んで、然もありなんと! こういう環境の中国から日本にくれば、その甘さに愕然とする筈。10年先の日本は大丈夫? 昨日…

閑話小題 ~母親の命日、忘れるところだった!

* 母の23回忌ですか 今日の随想日記を書上げて、過去文を振返ってみて、母親の命日と、初めて気づくことになった。迂闊だったが、朝方気づいただけでも良かった。命日に、話題にするのが故人への一番の供養。明治、大正、昭和、平成の時代に生きたことに…

閑話小題 ~また、ですか?

* 昨日、書いた内容を1時間半もかけて また、やってしまった。2~3年に一度はやるミス。前日分の文章を、今日の分の下書きと間違えて書き整えてアップしようとすると、何と、これが前日に書上げた内容。それが、可能ということは、それだけ、内容に甘さがあ…