閑話小題 ~水木しげる‘幸福の七カ条’

◉ 第一条 成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。◉ 第二条 しないではいられないことをし続けなさい。◉ 第三条 他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。◉ 第四条 好きの力を信じる。◉ 第五条 才能と収入は別、努力は人を…

閑話小題 ~まずは嘘をつくな…

* 嘘は泥棒の始まり… 小学校のクラスに嘘をつく人間は、周囲に少なかった。ところが中学校に入ったと同時に、平気で嘘をつく男が現われ、その割合が進学すると同時に増えていったのには驚いた。仲間の金、モノを遊び気分で盗むのである。 上京し寮生活に入…

閑話小題 ~個性的美女・談議  ―②

閑話小題 ~シネマ観賞

* 一昨日のシネマは… 最近のシネマは、隔週になっている。コロナ禍までは毎週だったが、YouTubeが面白いため、隔週でも充分もある。 で… 一昨日は、宇宙モノ! ~内容といえば~≪ 地球に新たな脅威が迫るとき、7000年にわたり人智を超えた力で人類を 密かに…

閑話小題 ~このまま、コロナ禍が治まってくれれば!

* ワクチン効果か、コロナ禍が治まりかけているが… この冬越えで6波が来るのは避けられないとしても、最小に治まってくれれば…良いが、さてどうなるか。何処か弱いところにシワ寄せがいっているのだろうが! その犯人探しが始まりそうな空気だが… 有効利用…

読書日記 ~孤独な群衆  ―②

まず家庭内規範に従い、次は自分自身、そして属する社会規範に向っていく。この3つが、混在して成長していくため、家庭内の規範が重要な位置を示す。分類前の義務教育までは、混在した生徒が主となるため様々な問題が表立つ。そこには家庭内の問題が、カタチ…

読書日記 ~孤独な群衆  1964 ―①

by デイヴィッド・リースマン(著), 加藤秀俊(翻訳) 更新日:2019-09-02 「孤独な群衆」とは、1950年にアメリカの社会学者・リースマンによって発表された著作で、社会性格論という分野を打ち立てた著作として有名。ゼミで、参考書籍として紹介されて読んだが…

閑話小題 ~世界最強の防空兵器?!

* アイアンドームの実力は 世界最強の防空兵器? 【豊島晋作の “人に話したくなる” 国際ニュース】 一月ほど前のこと。YouTubeを見ていると~<宇宙圏にミサイルを撃ち込み、そこから、核弾頭を打込む実験に成功した>との報道に、気が動転するほど驚いてし…

閑話小題 ~総選挙の結果は…

* 衆院選挙の結果は、現状維持を望んだ マイナス50議席と予測していたが、終わってみれば10数議席減。保守党からすると、勝利の範囲?で何も変わりはしない。国民の老化からみると、現状維持が当然! 周囲の中・露・北朝鮮などの独裁国家化すれば、良しとす…

閑話小題 ~コロナ禍の中の総選挙と、ロシア・中国の威嚇訓練!

* 何やら不思議な患者数の減少… ワクチン効果だろうか?このところコロナ禍の患者数が激減している。この時節の総選挙の強行… オリンピック同様に無理がある。 何らかのカタチで、その歪みが出て当然。その最中、ロシア・中国の連合艦隊が、津軽海峡を堂々…

閑話小題 ~ 明日、衆院選挙

* やはり森元市長ですか…私めは! ◉ この月末、11月当初にかけてコロナ禍と、政情不安の隣国から考えて、 この衆院選挙の結果が見もの。特に安倍政権系の政治の流れが如何なる方向に向うのか… 地元5区の衆院候補を考えた末に出てきた私の結論は、実績も含め…

閑話小題 ~ あと2日で、衆院選挙

* 面白いのが、地元5区の選挙 このところ、数回、地元5区の衆院の選挙選の成り行きを取上げているが、前、元県知事に対し元地元市長の争い、元市長が不利と予測されている。16年以上も地元で辣腕をふるい過ぎた結果、残ったのは憎しみだけ、終わってしまえ…

閑話小題 ~何でやねん… ?

* 元県知事、前県知事、前市長の三者の争い この三者の競う国会議員の選挙… 関係の少ない地元・選挙区で、前県知事、元県知事、そして前市長の順そのままの支持率は当然ということか。複雑だが、利権を考えると… 森・前市長は辣腕をふるったが、残されたも…

閑話小題 ~ブラウニーBrownie ~①

* 欧州、特に北欧で… 北欧に行くと。ブラウン色のチョコレートに覆われたお菓子が出てくる。 またクルブシほどの小さな妖精の人形が飾り物として置いてある。日本では コケシ感覚である。自宅の居間にも鎮座している。TVでも、時どき取上げられ 世界的にも…

閑話小題 ~中国の政情が変… ⑤・とっておきは‘極超音速ミサイル’

閑話小題 ~  …選挙街宣車のガナリ声が

* これほど面白い選挙選は珍しい! 政治家の選挙選を見る度に、彼らの捨身の姿に頭が下がる。 全国的にも、地元5区でも…因縁が複雑に絡みあった面白い選挙選は珍しい! 地元・5区は県内で顔なじみの元、前県知事と、元市長の御三方。常識的見ても元市長の森…

閑話小題 ~~中国の政情が変… ⑤ 次はコロナ禍の6波が、はてまた?

* ただならぬ日々◉ 中国のバブル崩壊が、いつ何時、起きるか固唾をのむ日々。次はコロナ禍・6波が、はてまた?中国から発生する世界的不動産・株価の証券価格の崩壊か…YouTubeは、主に恒大の破綻の可能性と、その影響を取上げた議論が多い。 21世紀に入って…

閑話小題 ~中国の政情が変… ④ リーマン・ショックの10倍というと!

中国の政情が変だが、不動産バブルで断末魔が… これは日本の不動産価格にも連動する為、他山の石と高見の見学ではいられない。YouTubeで学者が言うには<リーマン・ショックの10倍>とか。10年前に、事業整理をしたキッカケがリーマンショックの金融危機のた…

閑話小題 ~踏んだり蹴ったりの~飲食業界!’

* 夜の商売は、廃業の瀬戸際か… この総選挙… 保守派が50議席のマイナスで与野党が拮抗だと良い!それにしても革新系の存在価値も少ない。あれだけの人材を抱え乍ら何だろう?理想論を掲げバッシングするなら、じゃあ実権をもって、その理想論とやらを実施さ…

閑話小題 ~中国の政情が変… ③ 中国・国家戦略

* 孫子の兵法 ―鶴翼の構えまず第1番目は… パンデミックから始まり、2番目の不動産バブル崩壊。3番めがウィグル族など他民族の隷属化。極め付けが4番目の宇宙ミサイルの実戦配備? 最近は実践戦闘がほぼ無い中国の世界戦略…他国からみれば、何とも強引で味わ…

閑話小題 ~事態は次の段階に… * 何やらキナ臭い朝鮮半島と、中国情勢 時節が時節だけに、アメリカ情報機関の二人の訪韓は、背景に何か?…中国と、北朝鮮の経済逼迫と、このコロナ禍のパンデミックが考えられるが、コロナ禍、処理の手口のよさから世界は一…

* 経済成長でもっていた中国の国家体制 不動産投資のバブル化で経済成長をすすめていた中国も、全国的レベルで何時か破裂させなけれ、熱量が大きすぎて世界に及ぼす影響が莫大になる。今なら、まだ間にあうと踏んでの予定挫折が見えみえ。…それが出来るだけ…

閑話小題 ~中国の政情が変… ?  ―①

* 中国というより習国家主席が変である 二代、10年の国家主席を禁止している法律を変更して、永久主席制度を自らつくり上げて、権力維持を画策している習主席。このパンデミックを逆手に利用する姿は、何ともあさましい。 中国版、バブルを容認した張り子の…

閑話小題 ~シネマ観賞 ―『デューン 砂の惑星』 * ストレス解消に有難い映画! 老いるほど、内向きになっていく昨今。週一の… 壮大な宇宙モノか、ギャングモノを観る傾向になる。短編の実録のユーチュブばかり見ている日々の中で、宇宙の壮大に、身を委ねる…

閑話小題 ~まあ何とか…ならないから、こまるんや!

* シネマ観賞 ~『キャッシュトラック』 面白いが、これはネタばらし前のこと。クールなジェイソンが、面白い様にギャングを正確に撃ち殺す場面は圧倒的だが… 息子の敵討ちのための、内部潜入なら話は別物になる。このコロナ禍でうっ屈している大衆向きの物…

閑話小題 ~時間だけは、刻々と過ぎ去っていく!

* また現金給付…? 総選挙を前に、自民党などから一律、10万円の一律給付の案が出てきた。国民からしたら、貰わないより、そりゃ貰えれば良いに決まってるじゃないか>になるが、あまりに露骨な政権与党の選挙向け買収… 何やら怪しげな空気が漂っている。 …

閑話小題 ~激動期の真只中に

* リタイアして10年あまり… 娑婆が激動期に入って暫く経ったが、世情は甘くはない。リタイアをしたため世情に疎くなった。 年齢も75歳を超えて感覚が日毎、下がってきたのが気になる。数年前の配偶者控除をしてなかったことに家内が気づき、手続きをしたら…

閑話小題 ~地元の衆院選挙の行方は…

* 地元・新潟5区の行方は 前県知事、元県知事、前長岡市長の三つ巴の熾烈な衆院議員選挙になった。私の市民感情は、実績を積み上げ、県知事選挙に臨み破れてしまった候補の勝利が本来、あるべき結果だが… 歪な市民感情を持つ地元民がどう判断することやら…