人間と社会のウォッチング

閑話小題 ~いい悪いは別にして…

* 機内のマスク着用拒否騒動について まさか、ここまで大ごとになろうとは本人も思ってなかっただろう。チンピラの小遣い稼ぎにしては、やり過ぎ。 …割に全く合わない。チョットした行き違いが、ことを拡大したのだろうが、これでは当人の人生の汚点になっ…

閑話小題 ~さて9月に入った!

* 第二波もピークを過ぎて… 安倍首相の退任が決まり、菅官房長官の次期首相に決りそうだ。コロナ禍に、アベノミクスの後始末、オリンピック問題に、アメリカ大統領選の新たな体制?への対応に、これから発生するだろう恐慌と、問題が山積に! 現在の野党に…

閑話小題 ~ 首相職の過酷

* 首相職が過酷と聞いていたが… 職業の中で、政治家が一番過酷とは聞いていた。私が過ごしたが学生時代の寮について、ここで幾つかテーマにしてきた。(…後でコピペ)今でいうシェア・ハウスである。そこには、全国から政治家を目指す玉石混合の学生が寄宿…

閑話小題 ~何が何して何とやら

* これでは地上波は消滅へ!‘ピーターラビット&不思議の国のアリス’の童話だけでは美化したイギリスの一面しか見ていないかもしれません。 NHKスペ・世界一愛されたウサギ。イギリスには狩の文化がある。そこには、狩人犬と、イタチのようなフェレット…

閑話小題 ~歌舞伎町界隈

去年の夏に、NHKで<ラストトーキョー “はぐれ者”たちの新宿・歌舞伎町>のドキュメントを放送していた(後に、コピペ)。これを切っ掛けにYouTubeで、多くの歌舞伎町に屯する人たちのインタビューを覗いていた。 新潟駅前で4棟のビジネスホテルなどを経営し…

閑話小題 ~ 「テレワーク7割」の現実!

* コロナ、あれこれ ≪ 西村大臣は会見で、通勤者は一時2~3割にまで減っていたが、最近は7割程度に戻っていると強調。「(各企業は)後戻りせず、多様な働き方の中でテレワークの割合を維持してほしい」と訴えた。西村氏は在宅勤務率の向上などと併せ、(1)…

読書日記 ~『ゴリラからの警告』 ~1

<ゴリラからの警告「人間社会、ここがおかしい」 山極寿一(著)> * コロナ禍を考えるに 1万年前に人間は食料危機を乗越えるため酪農を取入れだした。そこからより強固な集団を良しとした。そして、万物の霊長類として、好き勝手に振る舞って大自然(神)の…

閑話小題 ~逆境について…

* 人類の窮地… これは大ごと! これまで‘逆境について多く書いてきた’と思いきや、衆人の前に晒す必要もなし、真正面に向きあうこともなしか、ブログ内検索で引っかかりが少ない。逆境とは、それなりに事を成し遂げた人の言葉で、スランプと同じ。幼児には…

閑話小題 ~チョット異常過ぎないかい

* ウィルスが変容して5~10倍の凶悪 この数日来、感じたのが、<北部イタリアから、フランス、スペインに拡散している新型コロナの拡散速度がチョット異常過ぎないか?> ということ。 コロナ菌には二種類あって、悪質なのが、欧米で拡散したのでは?と…

閑話小題 ~新型コロナの現状と、行方は? ~3

◆ 新型コロナウイルスは生物兵器なのか? 幸福実現党外務局長 及川幸久 この収録をしているのは2月4日ですが、台湾の新聞「自由時報」が次のような刺激的な報道しています。【 中国人民解放軍の生物兵器から防衛する部門トップが武漢に派遣された際、 『最悪…

閑話小題 ~人生花つくし

* 人生花尽くし 元旦に帰省してきた息子2人と家内を含めた恒例の新年会を駅裏の居酒屋で飲む。そこのコースターにあったのが、これ! ~「人生花づくし」のバージョン~ 親の教えは きくのはな 悪に染まれば くずのはな 人の悪くち くちなしで 愚痴とまやか…

閑話小題 ~また始まった大相撲のドタバタ

* 白鵬無惨から始まったバタバタ◉ 前場所に、横審から<張手と同時の肘かち上げの注意をされたにも拘らず、 横審に対する当てつけで、再び‘遠藤’との対戦に同じ手を使ってきた。それでも、負けた上に、翌日、その手を使わずに負けてしまい、横綱特権の休場…

閑話小題 ~最終の良いところは75歳まで?

* 良いところは、あと一年ですか 人によるが、大方の知人を見るにつけ「人生75歳までが良いとこ」と何度も公言してきた。 歯医者以外、健康診断には10数年、一切行かずに此処まで生きてきた。そのため、運動量を(冬期間を除き)2~3時間以上をとることを課…

閑話小題 ~やるせな漂う末恐ろしい事件

* 気の毒というよりも… この男の「新幹線内の三人への殺傷事件。 キーワードは『発達障害』。行場のない男の必然的な事件。理解してくれたのが祖母だけ。理解不明が父親。何とも気の毒な事件。生活すること自体が息が出来ない程、苦しいのである。 誰とも打…

閑話小題 ~下越周辺、とりわけ新潟駅周辺は

* この数年、新潟周辺で… また新潟駅周辺で殺人事件が発生した。ここで4棟のビジネスホテルの経営を30年してきたこともあってか興味がある。常時、危なそうな客が平均7~8人が宿泊しており、刑事が彼らの素性を把握し、尾行をしたりする。仮名を使えば罪に…

閑話小題 ~「門」の話

* 「閑」で、「門かまえ」に興味を持って 人間は動物や泥棒から身を守るため、垣根や塀をつくってきたが、当然、そこには出入り口の「門」が必要となる。 それは物理的なものだけでなく、自分という他者とのバリアをつくる意味合いもある。 「閑静の住宅地…

閑話小題 ~ 賞金が2臆じゃ、頑張るは!

* 異次元の強さの井上もドネアには… 「井上の実力からしたら、その力の差は歴然としている」が、前評判だったが、賞金が賞金だけに、ベテランのドネアも、踏ん張った試合であった。賞金が2臆じゃ、頑張るは!今ではWowowoで面白いのが放映しているため、Yo…

閑話小題 ~招福の「まねき猫」

< ベスト・エッセイ 2019年 > * 国境を超えなかった招福の狸 まずは、井上章一の『国境を超えなかった招福の狸』のエッセイの概略から…< 「まねき猫」が世界中にラッキー・キャットとして広まっている。普及を 始めたのが20世紀の終わりごろ。経済のグロ…

閑話小題 ~セブンイレブン、お前もか

* 勝ち組、セブンイレブンのリストラ 台風騒ぎで、少し古い話題になっが、数日前の朝日新聞の一面トップに、< セブン&アイが約4000人の人員削減を発表 >とあった。勝ち組・ヨーカ堂グループのリストラ。来年の‘黒鳥の到来’を読んでの先手か。業績の悪化…

閑話小題 ~ワールドカップ・ラグビー

* “魂の24分間”強豪スコットランドに得点許さず さて寝ようと思った瞬間、そういえば、ラグビーのスコットランド戦があったことを思いだしチャネルをまわすと、開始後から30分近く経過していた。 ロシアから61点、サモアから34点を挙げている相手。…

閑話小題 ~今の時代に…何?

* 今どき、耳を疑うような汚職が 今どき関西電力上層部の汚職事件が… 。何か深い闇が広がりを感じる事件。検察からのリークか? 内部告発か。その贈賄側の主役の当事者が、この春に亡くなっていた。病死のようだが、事件が事件だけに、自殺か、他殺かと頭に…

閑話小題 ~どうなってる ?

* 茨城県境町、その後は… 何故か得体のしれない事件である。空巣の居直り殺人が有力のようだが、雨降る0時40分に、空巣に誰が入るのか? 当然、疑われる長女。犯人ならば、返り血をあびて血だらけのはずで、事情聴取を受けて然るべきなのに、それらしき報道…

閑話小題 ~そんなまでして生きたいか ー2

* 所詮は、宇宙のゴミだもの ◉ その際にある人が、数ヶ月前、深刻な顔で、 『平気な顔をしているが、怖い! 一応、目やすにしていた5年を超え6年目に入ったが、夜半に恐怖が襲いくる。…寝たきりでも、質のいかんに関わらず、少しでも生きていたい。この恐…

閑話小題 ~末路の韓国は、そのまま日本と?

* 「滅公奉私」が基本的価値観 漫画世界のような奇異の感がする朝鮮。北はドン様、南の大統領は、失脚後に間違いなく逮捕される御国。北との臨戦対立で、権力が大統領に集中するため、汚職体質が避けられない。それも儒教が浸透しているのに、この有様。 日…

閑話小題 ~病状検査の値の話題を聞いて

* 無知の涙<さいたま市の集合住宅で9歳の男の子が殺害され、遺体で発見された事件で、 逮捕された義理の父親が「自宅で首を絞めて殺した」という供述をした>のニュース。母親が42歳の高校教師、義父が32歳で無職で、男後家ともなれば、それは鬱憤が蓄積…

閑話小題 ~木島佳苗という生き方 ー2

* “最強モテテク”とは 彼女の何やらの魔性は、ブス、デブなればこそ身についた能力。男を誑かす能力は、ブス・デブを一部分と思わせる程の魔力がある。性行為の詳細と、自らを飾りたてたブログを読んでみると、成るほどと… …ところで当日分の書上げたばかり…

閑話小題 ~事実は小説より奇なり!

* 映画・ドラマよりも… 究極の悲恋物語 この夏に放送された『家、ついて行ってイイですか?』が、またして衝撃的!「事実は小説より奇なり!」というが… これは遥か上を行く物語である。 ~ネット検索をすると、この概要が詳しく書き込んであった… ガイド役…

閑話小題 ~カラスと遊ぶ ―2

* 隼型の人形を括りつけ3日目に 一週間程前に、カラスの死骸に模した人形をベランダに括り付けた。去年の‘カボチャの張りぼて’ほどの効果がないのではと考えて、ネットで百均の「ダイソー」に「隼」の姿を模したのを見つけ、念押しに付け加えた。 そのため…

閑話小題 ~すえ恐ろしい時代に

* 怖ろしいかな映像社会、…気の毒?としか 昨日の朝のこと。 朝方の3時半に、目が覚め、ブログを書上げた後、雨のため、信濃川への早朝チャリは休止に… そこで民放のニュースをみたところ、4人の駅員と、4人の高校生と、止めに入った小母さんとの入乱れたト…

閑話小題 ~10年前には地元の日本文理高校が…

* 人生を振返って俯瞰すると… あまり嬉しい話ではないが、義務教育前に、幼稚園、保育院通いしていた、それも名だたる大学の幼稚舎からエスカレーターできた人と、受験上りとでは、 既に大きな差がついているのが現実。公立の分別前には、苛めっ子などの問…