日常の出来事、つれづれに

閑話小題 ~年末にかけた毎日が‘スリルとサスペンス’の中国経済 -①

*‘何かがある筈’と思っていたが… この時節に、中国発のコロナ禍、何か有るはずと思っていたが、香港の実質併合と、バブルつぶしの恒大集団潰しですか。 中国国内に世界中の工場を呼び寄せてあるため、お互いさまのパフォーマンス。これは、日本国内の不動産…

閑話小題 ~生きておられた河野洋平

* 自民党総裁選で… ◉ Yahoo!newsを見ていたら、河野洋平の近況が書かれていた。最近、殆ど表舞台に出ることがなかったので、お亡くなりになってしまったと思っていた。この総裁選挙で父親として居ても立ってもいられず…のようだ。< ☆ 悲願成就へ河野洋平…

閑話小題 ~天皇の姪の結婚問題

* ジゴロの怪しげな空気感が…何とも 世間を騒がしている天皇の姪の結婚問題。マスコミ上でも、ネット上でも、風当たりが強いようだ。怪しげな?素性の母親と、その元?人の金銭トラブルから、下流人種と上流人種との問題点が顕わに表立ってしまった。資本主…

閑話小題 ~この数年分のテーマ日記を読返してみて…

* 9年前の‘地軸様’を読返して見て… 過って書いた文章を読み返すと、書くという行為の意味深さを思い知る。因が当日の自分で、縁が読返している自分。そこに新しい視点を得ることで、因縁が生じることになる。以下の去年分を読返すと、そのまた8年前の己と対…

閑話小題 ~スペイン風邪のオサライ! ー②

* コロナ禍とスペイン風邪 このコロナ禍は、100年前のスペイン風邪と酷似していて、これまで多くが語られている。改めて、ここでテーマにして見ると…デルタ株の置換えが無ければピークアウトに至っていたが、+二年=合計5年と考えるのが妥当! …とすると、…

閑話小題 ~『昔は良かった!』を繰返すバカ

<「バカの研究」 ジャン・フランソワ・マルミオン著> * 放置されていた老人バカ 親戚の『法事』がほぼ無くなってしまったが、法事で愚痴と、仲間内の悪口と、社会、政治の批判、そして行き着くところが…「昔は良かった!」を連発する従姉の亭主が存在して…

閑話小題 ~殿町の灯火

* 殿町を朝の散歩コースにしている酒友が言うには 30~40年と殿町を飲み歩いた酒友が言うには…『 …昔、通った店の看板が意外と残っている。早朝でも、馴染みのママさんと 出くわすが、70後半から80歳を超えようとするが、それが元気。…補助金が効いているの…

閑話小題 ~『主観年齢』について

* 老いた女性…?を褒める言葉、「可愛いい」「若い」 往年の女優、タレントの多くが歳を重ねるにつれて、鬱症になるという。美しさが老いるにつれて失われ、今までとは、相手の反応が違うため。主観年齢が変わらぬが、実年齢による老いは隠せない。 その欠…

閑話小題~ つれづれに 春ウララ

*庭先の梅の木が満開 数日前に、庭の囲いを取りさったのを機会に庭の梅が咲きだした! まだ、鶯の鳴き声は聴こえてこないが、時間の問題だ。 ー * この時節、そろそろ腰痛が… この頃に軽い腰痛が顔を出すケースがあり、次はゴールデンウィークの辺りに出る…

閑話小題~ 『孤独論』ですか… ~3 <『孤独論』 ―逃げよ、生きよ― 田中慎弥・著> * まずは、実家に引籠りをしましょうよ! 副題が ―逃げよ、生きよ― である。家庭を持って、その生活を支えなければならないのに、何を優著なだが、それでも死んだまゝより…

閑話小題 ~ガヤ芸人

* ガヤガヤ芸人 タレントとは、総じて「ガヤ芸人」の要素を持った現代が生んだ寂しい言葉。先日、TV番組欄をみていたら、この特集をしていた。見ないまま日にちが経過したが、何となく…「見ておけば!」の気持ちが残った。遡れば『みのもんた』…今では、テ…

閑話小題 ~世界は知らないことで満ちている -9

* ことある事にYouTubeについて書いているが YouTubeに嵌って数年経過するが、現在も然り。何故面白いかというと、私たちは、マスコミという管制のコントロール内で、世界を見ていた。… …しかし世界は、その外側の世界から成り立っていることに、最近、気づ…

閑話小題 ~ついに二日間、休んでしまった!

* これを機会に止めようかとまで… 休まないのが売りのブログ、Wi-Fiが不調で繋がらず、二日間も休んだ。これまで無かったこと。何やら家内は平然と構えている。後で知ったのが、月に2~3度、新潟市から帰省してくる長男に相談していたこと。昨日帰ってきて…

閑話小題 ~北朝鮮の不気味な静かさ!

パンデミックが浸透して、国家体制を維持するための恐喝体力が無いとみるか。脅しと賺しで体制維持をしてきた北朝鮮が、何故か不気味な静けさを保っている。中国当局が1~2年は何もできないだろうと分析するが… 下手に欧米を脅すと中国への攻撃の替わりに欧…

閑話小題 ~つれづれにー 起きても醒めてもコロナ禍!

* 風変わりの年になってしまった! 今年も終わろうとしているが、起きても醒めてもコロナ禍。リーマンショックも惨憺たるもので、30年続いた新潟駅前事業を止めざるを得なくなった。…そのまま延長してコロナ禍で閉鎖より、この31年、いや45年の経過を10年間…

閑話小題 ~現在時点の経済的マイナス実感について

* この辺りがピークか、それとも…? パンデミックになりかけた4,5月が7~8割減から、ようやく4,5割減になりかけた矢先に、第三波による自粛要請で、元に戻りつつのが、現状。飲食店主の不安そうなインタビューが、何とも痛々しい。このままでは、年明けに…

閑話小題 ~同級生の葬式

* 先日、SJで、◉ そろそろ帰ろうかと身支度を始めた頃に、40年にわたる年・数回の同級会(幹事会を含む)の固定メンバーの女子が亡くなったと、SJメンバーから声をかけられた。土曜の夜が通夜で、翌日の日曜日が本葬という。<あんたは、当然、行くでしょう…

閑話小題 ~ 世界中の仕事が、創業的立場に!

* 悲観からは何も生まれない!と言うけれど! 先日の朝、家内が、「5万円の二度目の給付金が支払われるようだ!」と…「まさか」と思ったが、やはりフェイクのようだ。10万円の配布は、事態が事態だけに異例中の異例! この経済下で、アルバイト、派遣社員、…

閑話小題 ~ 芸能界の自殺者が続出

* コロナ禍もあってか、タレントの自殺者が… TVで見かけていた竹内結子の自殺が報道された。この一月に第二子を出産。まずは、出産ウツと誰もが思って当然。それとコロナ禍で仕事が少なくなっていたことも、自死の要因にある。人間の心は弱いもの。長い人生…

読書日記 ~『生きる悪知恵』

『生きる悪知恵』西原理恵子著 * 年中のことだが、テーマが思い浮ばない 凡庸な私に一日、一テーマを書き続けるのは難しい! あと数ヶ月で20年になるが… 同じことを飽きもせず、恰も、新鮮な知識、経験を得たように… それでも、書かないと何か忘れ物をした…

閑話小題 ~ 漢字の面白さ…

* 人べんに為と書いて、何故に偽りなんですか? この問いの語源をネットで検索すると… 明快な解説があった。 ―≪ ♦ 「為」は、旧字体では「爲」なので、「爪」(つめ)が部首となります。 この「爪」は、手を表す象形文字で、そこから、この字は「手を使った …

閑話小題 ~認知症試験

* それにしても 年齢に比例した呆け気味は仕方がないが、なればこそ、注意をしないと思っていたが、3日前の試験当日、試験のある会場の場所を勘違いをして時間に遅れて、翌日の同時刻に替えてもらった。 …複数の知人などから、ネットに試験内容があるから、…

閑話小題 ~さて9月に入った!

* 第二波もピークを過ぎて… 安倍首相の退任が決まり、菅官房長官の次期首相に決りそうだ。コロナ禍に、アベノミクスの後始末、オリンピック問題に、アメリカ大統領選の新たな体制?への対応に、これから発生するだろう恐慌と、問題が山積に! 現在の野党に…

閑話小題 ~自殺未遂の生現場にて -2

* 自殺者の9割が間接殺人!「何でまた、自殺を?」と安直に考えるが、そこに至るまでには、それなりの理由が構造的に沈殿している! 病は7割はストレスが原因だが、そのことを多くが知らない。両親の不和が多く、子供には重荷。自殺者の9割が<誰かに助けて…

閑話小題 ~経済変調が始ったようだ

* 夜半に家内から聞いた話は… 20時過ぎに早々、就寝する私に、家内が昨夜のコロナ禍の話題を…洋服の「はるやま」と、吉野家と、ファミレスなどが大量閉店を始めたと…更に首都圏のホテルが、オリンピック延期と、中国、韓国の入国制限で客足が激減してガラガ…

読書日記 ~‘残酷すぎる真実’-2

<言ってはいけない ―残酷すぎる真実―橘玲/著 > * あまりに残酷な「美貌格差」「これを言っては終いよ」の瘋癲の寅の捨て台詞じゃないが、確かにある。美人は確かにチヤホヤされるが、収入面まで言及するところがシリアス。ランダムに多くの男女を集めて5…

閑話小題 ~20ステージが、3に激減!

* ヨガの先生の話 スポーツジムのスタジオでのヨガ。 50人の定員が、ほぼ満席。半年前から、ホットヨガ室が別に増設され、その方も満席だったが、このコロナ騒ぎ以来、全てのスタジオのエアロは中止。客足が2割程度まで落ちていた。で、ヨガも中断をしてい…

閑話小題 ~新型コロナの現状と、行方は? ~8

* 毎日が刺激的 このコロナ騒ぎ、数ヵ月前までは、そんな兆しが微塵もなかった。 それが、このブラック・スワンの到来。そして朝から晩まで、この話題に持ち切りになり、その対策などに…神経過敏の塊りに! 一種、集団過敏の状況である。これも、数年経って…

閑話小題 ~新型コロナの現状と、行方は?

* 甘くはない『ブラックスワンの飛来』の行方は? 中国にとって、世界にとっても、思いもよらぬ『ブラックスワンの飛来』。何が起こるか分らないのが現実世界。日本にも、オリンピック開催問題がある。中止ともなれば、選挙で大敗の可能性もある。舞上がっ…

閑話小題 ~つれづれに年末

* つれづれに年末◉ 今年も、あと2日で終わろうとしている。‘何ごともなく’ではなくて、 何やら、このブログの悪態もあり、多くの怒りがカタチを変えて身に迫った実感がした年? さらなる老いの情けなさを実感してきた此の頃。 ここまで言いたい放題、し放…