秘境・異境ツアー(アメリカ・欧州大陸〜旅行記)

読書日記 ー退屈なのは、世界か、自分か ~4

読書日記 ー退屈なのは、世界か、自分か ~4 <僕が旅に出る理由 NIPPON DREM PROJECT> * 旅は流離い… ですか! 18年半にわたって、この随想日記を書き続た御蔭で、退屈など有得ない状況。そんな暇があったら、読書やネットサーフィンでネタ探しをしてい…

読書日記 ~退屈なのは、世界か、自分か ~1

<僕が旅に出る理由 NIPPON DREM PROJECT> * 世界は、驚き、感動で満ちている 「ブックオフ」で見つけた100円本。初めて海外旅行をした学生100人が集い、その中の11人が書いた海外旅行への啓発本である。半世紀前に欧州一周ツアー以来、52回、秘異郷を中心…

* 人生も旅も、遊びですよ! 要するにツアーは、旅ゲーム。地球を遊び場とした遊び。ただし少々危険な! 『パックツアー』のHP内検索で、6年前の「文章」が出てきた。人生そのものを、 "観光" "旅" "旅行""ツアー"から類推すると、考えさせられるヒントが垣…

* パックツアーの種類と、利点と欠点 〜B 洋服に例えると、スーツ、コート、ワイシャツは、注文服か、既製服、 イージーオーダーの何れかになるが、ツアーとて同じ。〈イージーオーダーとは、 洋服の仕立てで、あらかじめ幾種類かの型を用意し、客のからだ…

* パックツアーの種類と、利点と欠点 〜A 年に2〜3回のペースだと、一応、立派な海外ツアー御宅になる。 帰って2〜3ヶ月は、その余韻が残っているが、それも冷めてくる頃、次のパック 探しに入る。現役時代は、もっぱら家内の役割だった。しかし、ツアーの…

* 経験則の詰まったパックでしか行けないところに… パックツアーとは、ツアー仲間と、熟練した企画のパックで世界を股に かけて遊ぶゲーム。地球儀を碁盤目にして、埋めていくライフワークは、 遊びとしてベストで、これが面白くない訳がない。本当に面白く…

* ライフワークの海外ツアー ◉ 40歳代に16回、50歳代に24回の海外ツアーも、60歳代に入って年に一回に、 60歳半ばからは、諸事情?により隔年に一回。 この数年来のツアーは (貧者の私は)家内の鞄持ち?と、腰痛との兼ね合いがあり、楽しさ、面白さ 半減…

『旅人よ どの街で死ぬか。〜「男の美眺」』 (伊集院静 2017年)から。 * 予感、あるいは沈溺≪ ◉ 長く旅を続けるには術が必要である。友人の勝負師とどうように、 頓着を持たないことだ。旅人の一人の些細な感情など都会という土地では とるに足りなぬもの…

『旅人よ どの街で死ぬか。〜「男の美眺」』 (伊集院静 2017年)から。 * 旅、あるいは「出逢い」について ◉ 「人間は焦がれる生きものである。 彼は焦がれていた。崇高なる精神がそこにはあざやかにあった。 美しい旅人であった。人が何かに焦がれるのは、…

* 聖域とは、何かとの「堺」 ある会で、私の旅行経験に興味をもって、しっかりと情報収集する女性がいる。 40〜50回、海外旅行経験のある同級生が言うに、「旅行話はTPOを考えた上で 話さないので難しい」と宣っていたが… 要するに旅行自慢になってしまう。…

* 世界で出会った動物の世界 10年ほど前のニューカレドニアのオプションの、小島の磯辺での出来事。 小さな湾の浜辺で、家内と休んでいると、同行の若いカップルが楽しそうに 遠浅の沖から戻ってきた。 彼氏が興奮気味に、『沖に行くと、小魚が一杯、 嘘…

* ゲント聖バーフ大聖堂祭壇画「神秘の子羊」 去年春にベルギーの空港でテロがあった。その二週間前に到着、観光後の、 一週間前に出発したが、一つ間違えれば被害者になっていたかもしれなかった。 全日空がベルギーの直接便の就航を始めた直後のパリのテ…

<『かわいい自分には旅させよ』浅田次郎著> * かわいい自分に旅させよ 〜B 40歳代に入って直ぐの頃、『年一回の海外に出ること』を決めた。 そして、半ばも過ぎた頃、それを年二回に切り替えた。20歳から20数年間、 ストレスの多い「創業」の為の転進を繰…

『人生の教科書』なかにし礼著 * 天空のショー 人間わざ、大自然、そして宇宙へと、対象が一つずつ、ランクアップする。 自然現象、宇宙のテーマは、『人生の教科書』にはない、私の経験の話題になる。 オーロラは太陽系の天空のショーで、地球上の自然現象…

『人生の教科書』なかにし礼著 * 大自然との邂逅の衝撃を体験しろ ーピラミッドという衝撃を体験しろー のテーマから、さらに世界を広めた ー大自然の神秘の衝撃を体験しろー のテーマが浮かんだ。ピラミッドは人間の 創造物だが、自然の神秘と美しさは、大…

http://blogs.yahoo.co.jp/horii862000/folder/1603947.html * 祭りから世界を知る 『若者よ、まず楽しさを経験しろ!』である。「嬉しい、楽しい」という 感情が、人間を突き動かすことになる。ゲームでも、ミニ祭りの飲み会でもよい。 その極地が街レベル…

* ポンペイの迷子 二回目のポンペイで、あわや迷子になりかけた。1989年に会社でスペインツアーに行った帰路のローマでフリーの一日。 20数年ぶりに再びポンペイを見たくなり、オプショナルツアーに参加した。ところが、バスに乗ると日本人は私、一人だけ…

* 熱気球事故 一昨日、エジプトで熱気球が墜落して日本人4人を含む20人が死亡した。ルクソールといえば、屋外博物館といわれるほど 多くの遺跡群がある。そこは、古代エジプトの都テーベがあった場所で、市域はナイル川によって分断されている。日が昇る…

* 今年のシネマ36回 だいたい週一回、シネマに行っている。その多くはハリウッドのため、今や「ハリウッド映画マニア」である。 時どき面白そうなのがない時に間があくので月平均三回になっている。先週末も家内と「007」(90点)を見てきた。 先々週…

一人旅を過去に何度かしたことがある。北海道と九州に、それぞれ10日間ほどと、大学を出て四日市に勤務をしたときに、 紀州の尾鷲に一泊したこともあった。 金沢で修行していた時には、観光バスの日帰りコースで能登半島に行ってきた。 23歳から26歳の…

* カナダ・ロッキー山脈の感動 カナダのロッキーの懐に初めて入った時の感動で世界観が一変した。 これが地球上に存在しているのか? と。 バスの中で眠り込んでフッと眼を覚ましたときに、「これは夢で現実とは違う」と思ってしまったほど。 しかし現実と…

* カラコルムハイウェーの旅が一番過酷 トルコ旅行とかイスラエルとか、あらたまって構えてしまうと書くのが億劫になる。しかし頭にはフラッシュのように 色いろのことがよぎってくる。「閑話小題」を書く時は手抜きか、テーマが浮かばない時の苦し紛れで、…

* 旅行代理店の選定は? 旅行代理店の選定は、金に糸目をつけないなら別だが、如何に良くて安いパッケージを探し出すかは他の商品選定と同じである。。 ・まずは趣味の問題になるが、地方の代理店は避けるべきである。地方名士様ならチヤホヤしてくれるので…

* 次のツアーの選定の仕方 ツアーの選定を、どのようにして決めるのか? その都度に選定のプロセスがある。 多いのが直近に行ったツアー仲間の情報と、自分が、その時点で行きたいところを数ヶ所あげて、 その資料を集め情報を得るところから始る。 まず直…

* アフリカに魅せられて ー5 アフリカは、ケニア・タンザニアに4回。南アフリカ、西アフリカ、モロッコ、エジプト、それぞれ一回、 そしてイスラエルのコースでシナイ半島に立ち寄った一回を含めて9回行ったことになる。 あとエチオピアか、マダカスカル…

* アフリカに魅せられて ー4 ー奇跡の自然動物園のクレーター「ンゴロンゴロ」ー 初めて足を踏み入れたときに、自然が創り上げた自然動物園に奇跡を目の当たりに見たような気がした。 ここは数百万年前に出来た火山のカルデラに広がる平野である。 もとは…

一昨日の日曜夜のーNHKスペシャル・エジプト発掘 第1集「ピラミッド 隠された回廊の謎」が面白い。 一昨年、二度目のクス王のピラミッドを見学してきたが、あの巨大なピラミッドを5000年前にどのようにして 造ったのか、これまでも多くの番組で取り上げてい…

2006年03月10日(金) 1802, 世界三大 (☆-v-)。o○《Gооd Мояйiиg》○「世界三大○○」と検索してみて、その種類の多さに驚いた。世界中で代表するような存在として、 滝、山脈、料理、絵画、美術館など思いつくが、それ以外は考えたことがなかった。 それに興味を…

2005年03月07日(月) 1434, 滝の話1月前になるが、「白川義員の世界百名瀑布に挑む」をNHK・ハイビジョンを見た。 再放送で見るのが二回目だが、一回目見たときと同じ位の感動をおぼえた。 よいものは何ごとも、見れば見るほど、知れば知るほど、その奥行…

2006年02月26日(日) 1790, 冒険投資家ジム・ロジャーズ世界バイク紀行 ォ'`ォ'` 。+゚ヽ(。・c_,・。)ノ゙。+゚ォ'`ォ'`hayo ウォール街の伝説の投資家がバイクで世界6大陸を旅するリアルで息をつかせない内容だ。 投資や経済の話を、中国、ロシアからアフリカ、中南米まで…