つれづれに

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 他のブログ

http://www.enpitu.ne.jp/usr5/54909/
http://horii888888.toypark.in/cgi-bin/s_diarys.cgi
http://d.hatena.ne.jp/horii888888/archive


 今朝のポタリングでみた桜は、まだ満開。
明日は、福島江近くの居酒屋で「花見の会」。
大風が吹いても、まだ間に合ったようだ。 
 
 パリのノートルダムの火災には驚いた。
外観は大丈夫のようだが… テロでないのがすくい。
ここのステンドグラスが素晴らしいが… 無事かどうか?






・・・・・・
5511,閑話小題 ~二年で円の通貨量が二倍になったが ~②
2016年04月17日(日)
 去年の[2015年04月12日(日)}に以下のテーマで書いた文章が、数日前、
目にとまった。そういえば一ヶ月前、「通貨量が三倍になった」との
ニュースが流れたから、この一年で、1・5倍の通貨量になったことになる。 
問題は、通貨量を三年で三倍にしても、デフレも景気も浮上しないこと。
預金総額が1700兆円に増加したが、それは平均であって、一般大衆の預金が
増加したのではなく、あくまで一部の富裕層だけ。
 ~まず、去年のコピーから~
【  * 二年間で円の通貨量が二倍に!
 二年前、日銀の黒田総裁が、「2012年末に138兆円だった資金供給量を14年末
には約2倍の270兆円に拡大。長期国債の購入量も2年で190兆円と2倍強にして、
上場投資信託などリスク性資産の購入も増やす。インフレターゲットは2%。」
と発表した。ところが、先日のニュースで、「2年間で円の通貨量が2倍に
なったが、インフレ目標の2%はゼロのままと、日銀が公表」と報じた。
 リーマンショック後、米国は数ヶ月で二倍、現在は三倍以上にドルを増刷、
為替相場が3分の1になったかといえば、7年前と同じ。 
日本の供給量は2年で二倍。しかし為替相場は3分の2。株価は安倍首相が
就任した2012年12月26日の終値は1万0230円36銭だから、2倍になった。
日本も米国も通貨量を2倍にしたにも関わらず、インフレにならないところが
摩訶不思議。アベノミクスは中長期的にみて明らかな失政が見てとれるが、
保守本流の頭脳は膨張以外、考えが至らない。「後は野となれ山となれ」である。
 現在は太平洋戦争突入の数年前の様相と似ている。家内を見ていると、物価の
値上げに対する反応に敏感だが、これは一般主婦の趨勢。スタグフレーション
様相を示している。保守本流は、アメリカの忠実なポチ。強者に優しく、弱者に
厳しい。先日、図書館で借りてきた、『金持ちが確実に世界を支配する方法』
の「1%による1%のための勝利戦略」が、まさに現在の政権と酷似している。
とって付けの、政策など、直ぐに、その正体を現れ出るが、その前に衆議院選挙
を昨年末に断行した安部も、強かである。この国民をして、この政府。
とはいえ、激動期には保守本流で中心を固めないと、学芸会のような政治
ごっこの政党に、国は荒らされる! まだ、マシ? 】
▼「通貨量が三倍に増加」のニュースが何故か消えてしまった。聞き違いの 
 可能性があるため、この文章を書くのを控えようか迷ったが、記憶を辿って
みても、間違いない? そこでネット検索でやっと見つけたのが、
【マネタリーベースは12年末の138兆円から昨年末は365兆円と2.6倍
に膨らんだものの、15年平均の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)は2%
目標には程遠い前年比0.5%増。誰が見ても「黒田バズーカ」は失敗】
があった。 とすると現在の三倍のニュースは、間違いない。これからみても、
アベノミクスは間違っており、この失敗は、次世代の弱者に更なる負になる。
その札束は、そのまま富裕層に移動する。~で、これも偶然で、以下につづく。


・・・・・・
2934,世界恐慌に入って、まる7ヶ月 ー2
2009年04月17日(金)

新潟駅前でビジネスホテルという業態モデルを経営しているために、世界恐慌の影響がストレートになる。
初めに、広告、営業活動に対して経費をつめてくる。 二時間以内の出張は日帰りである。
インターネットや携帯電話などで情報をやりとりして出張は可能な限り回数を減らすのは常道である。
最近は宿泊ネット販売が25パーセントなっている。しかも新潟では半額以下の2600~3000円代前半は当たり前。 
当日でも3000円前半なら何時でも取れる状態だから、堪ったものではない。

そういう私も、冷蔵庫や洗濯機や大型TV以外は、電気製品、デジタル家電、書籍、健康食品、ユニクロはネット購入。 
情報は、大型店の店頭で見て、実際に買うのはネットである。 2~3割はまちがいなく廉いからである。
リーマン・ブラザーズから始った経済危機から、世の中は一挙にデフレスパイラルに入った。
情報化によるフラット化で一物一価の世界になったことも、さらに輪をかけている。 
最低価格が実現できないところは、即、退場をさせられてしまう。(客室は、在庫が限定されているから、まだよいが)
ということは、大部分の企業は淘汰されることになる。 世界は5~10年と暴風雨が吹き荒れだしたのである。
日本の国力もバブル崩壊後に大きく失われてしまった。 アメリカのように資源や軍事力や知的蓄積がないのである。

この金融恐慌は近代資本主義社会の根幹を揺るがすほどの大事件である。
4~500年かけて近代社会がつくり上げてきたのはが中産階級である。
その中産階級が中期・長期的に見て消滅しようとしているというのだから、ただ事ではないのである。
1990年前後にソ連と、東欧諸国の共産社会体制が消滅。 
そして10年後の2001年9月11日にイスラム原理主義アルカイダアメリカの金融の中心のビルを二つ崩壊させ、
2千数百人の生命を奪いアフガン・イラクの戦争中に入った。
そして今度は百年、数百年に一度といわれる金融恐慌である。
これは簡単に解決できるような事態ではなく5~10年は世界中で想像を絶した多くの経済混乱が発生する。
  まさか、これほどの大事件を目撃できようとは思っていなかった。それも全ての人が直撃する惨事を・・

・・・・・・
2570, 些細なものほど、光を放つ!と、振り返ると解る
2008年04月17日(木)

日常のチョッとした瞬間、60年にわたる過去の些細な記憶がフラッシュのように出る。
これが還暦を前後して特に多くなってきた。人生は些細なことほど大きな意味が含まれているようである。
コマーシャルではないが、「人生は、その人の選択で出来上がっている」と実感する。
一日、数万のことがフラッシュのように脳に発生するというが。 様々の経験から、自分の心の芯にとって、
いやな後味になることはしないようにしてきた。それでも、次から次へとフラッシュが発生する。
自分の過去を冷静にみれる年月が経ったためだ。多くの人を虐殺した政治家の内面は如何なるものだったのか。
死者が纏わりついているのだろう。彼のそれは、些細なものではないからだ。
  次の文章が‘些細なものほど、光を放つ’ことを理路整然と表現している。
 ーー
「哲学の教科書」中島義道
  *些細なものほど、光を放つ
                  P-232
哲学者の目とは、人生の「外側」から、すなわちあたかも死者、あるいは他の天体からの飛来者のように、
人間たちの営みを見る目です。こうした目で見続けますと、そこに面白い変化が生じてきます。
人生の大事と思われているものは取るるに足らぬように見え、逆に取るに足らぬと思われていること
が輝いて見えてくる。「死」を背景にすると、天下国家の大事ではなく 些細なものこそ光を放ってくる。
フランクル強制収容所という「向う側」にいる人間の心持ちを次のように語っております。
彼の想像はいつも繰り返し過去の体験に想いを馳せて、それに耽っているのであった。
しかしそれは過去の重大な体験ではなくて、以前の生活のごく日常的な出来事やささやかかな
事象のまわりを彼の考えはめぐっているのであった。……市電に乗って家に向う、入口の扉を開ける、
電話が鳴る、受話器を持ち上げる、部屋の電灯のスイッチを入れるー囚人がその思い出の中で
いわば撫で回して慈しむものは、こんな一見笑うべきささやかなことであった。
そして、その悩ましい思い出に感動して 彼らは涙を流すこともあったのである。
強制収容所に入っていない私たちが、今この状況を腹の底から実感するのは難しいでしょうが、
例えば奈良時代の官吏の一日を文字通り再現してくれれば、どうでもよいことがわれわれには
本当におもしろいことでしょう。もし私が一時間だけ千二百五十年前の奈良の都に戻してくれるなら、
東大寺興福寺には行かずに、人がごった返す市場に行くでしょう。内裏の「閣議」は見物せず、
一般の家庭の夕餉を見物するでしょう。・・(中略)女房が派手で困るとか、給料が上がらないとか、
子供がぐれて困っているとか、毎日の生活がしみじみと面白みを帯びてきます。
ーー
学生時代の日記を、ここで公開したが、私にとって、その面白みは当時の日常の風景が
具体的に書いてあったことである。実際に読み返してみると、当時のことが昨日のように思い出される。
何で、その後、思ったままのことを具体的に書いてなかったか後悔する。
誰かに見られたら嫌だというのが、それなのだろうが。些細なことの中に光が宿っているのである。
それは、「今日、今、ここ」しかないから。ここに永遠が存在しているから。

・・・・・・
2007年04月17日(火)
2205, 反時代的毒虫 ー2
  才八∋ウ_〆(∀`●)
             ー読書日記ー
「反時代的毒虫」の中の ー白洲正子との対談『人の悲しみと言葉の命』ーから

車谷が『四十八瀧心中未遂』で直木賞をとったあとの「文学界」で白洲正子との対談である。
白洲をして、恐ろしい、こわい、と言わしめるのだから、驚きである!
 ーー
白洲 「私、十何年も前に見っけたんだからね」
車谷 「白洲先生からいただいたその手紙をここに持ってまいりました。
 『新潮』に発表した『吃りの父が歌った軍歌』を先生が読んで、手紙を下さった。」
白洲 「いや、恥ずかしい。そんなもの、持っていらっしゃらなくてよいのに。」
車谷 「私が板前ををやめてセゾンに勤めていたころです。消印を見ると昭和62年12月です。」・・(中略)
車谷 「20年間、文章を書いてきてファンレターなるものをいただいたのは、
    一度だけです。それが白洲先生からだから、びっくり仰天です。」
白洲 「冗談じゃないわよ。なにしろあなたの文章じゃ、誰も手紙なんか出せないわよ。私は思い切ってだしたけど」
車谷 「お手紙の中で、『車谷さんの文章は生きている』と書いてありました。
   『生きている』というところに傍線を引いて、何回も読みました。
   のちに先生にお目にかかったとき、『おそろしい』と言っていただいたことを覚えています。『こわい』とかね。
白洲 「ほんとうにこわい。今だってこわい。」・・・・(中略)
車谷 「私が25歳のときに小説を読むきっかけは、永井龍男の『青梅雨』という短編を読んだ時でした。
   ぼくは名文だなと思った、よけいな言葉が一つもなくて。それで、一生に一度でよいからこういう名文を書きたいと
   おもったのが、ぼくが小説を書く動機だったので、文章がダメな人は、文学者としてダメだと思うんですよね。」、
白洲 「あたりまえじゃないの」。 ・・・・
車谷 「若いときから西行に憧れて出家したいと思ってたんです。とにかく一生の間に一冊作品集を出して、
   それで出家しようと。47歳のとき「しお壷の匙」という作品集が出まして、これでもう出家しようとしたら、
   高橋順子というのがあらわれて、結婚するはめになって。」
     ・・・・(中略)
白洲 「あなた、お辞儀ばっかりしているようなときがあるわね」・・・(中略)
車谷 「白洲先生は鬼になって書いていらっしゃる」
白洲 「私は般若です」
    
ーーー
解)遜った車谷の態度が気になるが、白洲の前ではこんなものか。
文学の世界では、白洲正子のブランドは絶大なのだろうが。
最後の車谷が白洲に対して、鬼になって書いてる!に対して、私は般若です!というところがよい。
般若の面は差別に対する、究極の怒りと嫉妬の表情というが。 それと知恵もあるが・・・
また、次の部分も良い。
車谷「20年間、文章を書いてきてファンレターなるものをいただいたのは、
 一度だけです。それが白洲先生からだから、びっくり仰天です。」
白洲「冗談じゃないわよ。なにしろあなたの文章じゃ、誰も手紙なんか出せないわよ。私は思い切ってだしたけど」 
  白洲をして、そこまで言わしめるのだから、車谷の「しお壷の匙」を読むことにした。 ホンジャ、バアアイ
                        ♪♪((((*`・´))ノ
・・・・・・・・
2006年04月17日(月)
1840, ジャンケン
    オハ (´・ω・`)(ω・`)!(´・ω・`)! ヨ? 

「ジャンケン」について書いてある資料は殆んどない。
HPを調べても勝ち方の極意が書いてあるだけだ。その中で、それぞれのだす確率があった。
580回のうち、グウが190 、チョキが203、パアが 187 回とあった。確率からみたらグウを
出すのがよいことになるが、ほぼ同じである。もっと偏りがあると思っていたが。
           Pa(・ω・ ) σ(д・`★)グウ Y(・c_,・●)チョキ
 図書館で何気なく立ち読みした「大切なことは60字でかける」
 ー高橋昭男著の中にジャンケンについて書いてあった。
それによると、
・ジャンケンは、江戸時代に中国から長崎に伝来 大阪を経由して江戸に伝えられた。
・江戸時代のジャンケンには色いろな方式があり、子供の遊びではなく、お座敷遊びの一種であった。
・中国では、日本と同じ方式で行っている。世界の40ヶ国で盛んに行われている。
 ーマレーシア、パキスタンサウジアラビア、イギリス、 フランス、ドイツ、 デンマーク、エジプト、
 アメリカ、チリなど・・ アメリカのジャンケンは日本のかけ声を英訳したもの。

この本を読むまでは、日本特有の遊びと思っていた。お座敷遊びで、野球拳とかがある。子供の頃は
何かあるとジャンケンで決めていた。そういえば、ジャンケンで勝ってハワイに行ったことがあった。
(実家の会社にいたとき、社員旅行で兄とどちらか社員旅行で
     ハワイに責任者として行くかで)まあ、よき時代であった。      
                    ゚+.(*・ω・)ノ*. バイ!      
ーーーーーーーー
2005年04月17日(日)
1475, 汚れつちまつた悲しみに?2

「汚れつちまつた悲しみに」の「汚れ」を「倒れ(挫折)」にして、「倒れてしまった悲しみに」 
という詩を書いてみた。
 昔の何度かの挫折を思い出しながら。 ー作成時、2005年4月16日 20時20分

ー倒れてしまった悲しみにー

倒れてしまった悲しみに 今日も涙の雨が降りかかる
倒れてしまった悲しみに 今日も嵐が吹き荒れる
倒れたしまった悲しみは たとえば樹氷のように突き刺さる
倒れてしまった悲しみは たとえば黒い血海のよう
倒れてしまった悲しみは たとえば虚空の空飛ぶ蜻蛉よ
倒れてしまった悲しみは あなたの愛に気づくとき
倒れてしまった悲しみは 夢みた昔を懐かしみ
倒れたしまった悲しみは 倒した人を思いだす
倒れてしまった悲しみは 光りの日々が走馬灯
倒れてしまった悲しみは 独りの自分に出会うとき
倒れてしまった悲しみは 悲しい悲しい悲しみよ 悲しい悲しい悲しみよ
倒れてしまった悲しみは 倒れてしまった悲しみは 倒れてしまった悲しみは

・・・・・・・・・・
2004年04月17日(土)
1110, 「ライフ・レッスン」ー読書日記 ?3
  第二章 愛のレッスン
 
・ことばで説明するのがきわめてむずかしい愛こそが、人生という経験のなかでただ一つの真実である。
永続をするただひとつのものである。愛は恐れと対極にあるもの、つながりの本質、想像の核心、
力の美しい部分、自己が自己である為のもっとも微妙な部分である。
・自分を愛する事は、いつも周囲にある愛を受け入れる事である。それはあらゆる障害をとりのぞくことである。
自分がつくってしまった障害に気がつくのは容易なことではないが、
実はこころの中にいくつもの障害があり、それが人間関係影をなげかけている。
神に会うことができたら、神は「おのれに愛をあたえたか、人に愛を
あたえたか?人からの、おのれからの愛をうけたか?」と問うだろう。
自分自身を愛する力は、人の愛を受け入れ、人を愛することによって身に
付いていく。神はわれわれに、愛し、愛される無限の機会をあたえてくれる。
・わたしたちのほとんどは、じつは愛を経験をしたことが無い。
経験をしてきたことは愛ではなく報酬である。 子供の頃、わたしたちはお行儀よくしていれば、
いい成績をとれば、オバアチャンにやさしくしてあげれば、手をよく洗えば、「愛してもらえる」ことを学んできた。
愛されようと努力はしたが、それが条件つけの愛であり、にせものの愛であったことに気がつかなかった。
いちいち他人から是認を必要とするような愛を本当の愛とよべるだろうか?自分自身への慈しみの心を持つことが、
本当の愛の第一歩である。あなたはたましいによい栄養をあたえていただろうか?
自分を愛している人は、何をするにも顔にほほえみを浮かべている。
それをすることがうれしくて、たましいが歌をうたっているのだ。
そうすべきだと教えられきたような行為ではなく、そうしたいからしている
行為である。たましいに栄養をあたえる行為とは、もしかして、休日でも早起きを
してなにか「有益な」ことをするのではなく、ただのんびりと寝ていることかもしれない。
・「愛にツいてないのです」と彼は答えた。「何人かの女性を愛そうとしました。
相手を幸福にしようと努力をしました。ほんとうです。相手を幸福にしよう努力もしました。」
わたしはかれに質問をしました。かれにとっては、意外な質問だったらしいのです。
「もし愛が、相手の女性を幸福にするものでなかったとしたら?
そんなこととは無関係に、ただ傍にいるだけが愛だとしたら?
相手を幸福にするという思い込みすてて、ただ傍にいることが、
長い目でみたら、相手を幸福にすることになると考えてみたら?」
人生には浮き沈みがある。愛する人がかかえる問題をすべて解決してあげることはできないが、
そばにいることなら、できなくはない。長い目でみればいちばんの愛のしるしではないだろうか。 

・・・・・
2003年04月17日(木)
743,『金持ち父さんの子供はみんな天才』?2
             読書日記
ー抜粋ー6

父は話をつづけた。「天才とは、自分の中にいるランプの精を見つた人のことだ。
ちょうど『千夜一夜物語』のアラジンが、ランプの中に押し込められた精霊を見つけたように、
私たちもみんな自分の中にランプの精を見つけることが出来る。
天才とは自分の内側にランプの精を見つけた人、与えられた才能を見つけた出した人のことなんだ」
「ランプの精が見つかると、精がおまえらにこう聞く。
『一つ目の願いは自分の才能を自分に与えること、
 二つ目は自分の才能を愛するものや親しい者たちだけに与えること、
 三つ目は自分の才能をみんなに与えることー さあどれを選ぶ?』
「この世界に天才はあふれるほどいる。私たちはみな天才さ。
問題は、たいていの人がその才能をランプの中に閉じ込めたままにしていることだ。
才能を自分のためだけや愛する人だけに使おうとする人が多すぎる。
ランプの精は三つ目の願いを選んだ時だけランプの中から出てくる。
つまりランプの精の魔力は、自分の才能をみんなに与えようとした時にだけ効果を発揮するんだ」
  (以下、字数の関係でカット2,008年4月17日)

・・・・・・・
2002年04月17日(水)
379,外国人犯罪

一昨日、新潟の万代の金券ショップで老夫婦の殺害があった。
たまたま昨日の飲み会の1人が隣家であった。
NHKの全国放送でインタビューに出たそうだ。取材攻勢で家にはいられないという。
外国人の犯罪らしい。ヒット&ウエーで恐らく捕まらないのではないかと思われる。
発覚前に飛行機に乗って逃げてしまうらしい。ベトナム旅行に商店を休んできている夫妻がいた。
休業の張り紙は出せないらしい。外国人がトラックで全て持ち出すという。
10年前の外国旅行で聞いた犯罪が、日本でも当たり前になりつつある。
犯罪もグローバル化になってきた。平気で殺すから恐ろしい。
同席していた1人はセコムに近じか入るという。
自分も真剣に考えなくてはならない時期にきている。8000円が少し高いが 。