つれづれに

イメージ 1

他のブログ
http://www.enpitu.ne.jp/usr5/54909/
http://horii888888.toypark.in/cgi-bin/s_diarys.cgi
http://d.hatena.ne.jp/horii888888/archive

今日のYoutube

現在、国会中継がおこなわれているが、そこで、貧困層
実態についての質問に、大臣がたじろいでいた。
以前から、、その実態について、テーマとしていたが、
今日現在の現状は、どうかとネット検索してみた。

二人以上の世帯の預金ゼロが三割には、以前、驚いたが。
現在も、変わらず。 中間点の人は400万円も、変わらず。
それにしても、年金の日の銀行に引き出しに来る人たちの殺気
立った顔を見ると、うなずける・・・
単身者の中間値が、75万円も、驚かされる。

―――
3割が貯蓄ゼロ!
2人以上世帯の調査結果

2人以上世帯の貯蓄は格差が開く
2人以上世帯が保有する金融資産の平均額は、
1209万円と前年と比較して27万円増えました。
中央値は前年と変わらず400万円です。

世帯収入の増加、円安・株高の進行が保有資産額を増やした
要因と言われています。反面、貯蓄を保有していない世帯は30.9%と、
前年と比較して0.5ポイント増加しています。

このため金融資産を保有している世帯だけでみると、平均額は
前年より66万円増え1819万円となりました。中央値は1000万円と
やはり変わっていません。金融資産保有世帯だけの伸びが大きく、
また貯金0円世帯も増えていることから、持つ者と持たざる者の差が
一段と開いたと言えそうです。

単身者の貯蓄額は平均値が774万円、中央値が75万円

平均値よりも中央値のほうが、実際の感覚に近いケースが多いのです。
一人暮らし(単身者)の人は、他のみんながどれくらい貯めているか、
密かに気になっているのではないでしょうか。

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査【単身世帯調査】」
(2014年)によると、単身者(一人暮らし)の人の平均貯蓄額は774万円、
中央値は75万円という結果が出ていました。

「平均値の774万円にはおよばないけれど、中央値の75万円なら
現実的な金額かも……。でも、平均値と中央値って何が違うの?」
と感じた人もいるかもしれません。

そこで、「平均値」と「中央値」についての違いをお伝えします。

一人暮らしの友達が10人いたとします。そのうちの9人が10万円、
1人が1億円を持っていたとすると、「だいたいみんな10万円持って
いるよね」という感覚になりますよね。ところが、実際に計算して平均値
を取ると、(10万円×9人+1億円×1人=1億90万円)÷10人=1009万円です。
たった1人、1億円を持っている人がいるとひっぱられ、平均値はおよそ
1000万円となってしまいました。

つまり、「平均値」とは、極端に高い数字(または低い数字)があると、
それに引っ張られてしまい、「真ん中」からズレていってしまうのです。

そこで注目したいのが、「中央値」です。中央値とは、高いほうと低い
ほうから順番に数えていって、ちょうど真ん中にある数値のこと。
この友達10人の場合は、「100万円」になりますね。平均値よりも、
「中央値」のほうが、実際の感覚に近くなるケースが多いのです。
よって、「平均値」と「中央値」がある場合は、両方チェックして
おくことをおすすめします。

では次に、20代、30代、40代の単身者(一人暮らし)の貯蓄額の
「平均値」と「中央値」を、年収別に見ていきましょう。

20代の単身者の平均貯蓄額は?

年収300万円未満……平均値101万円 中央値0万円
年収300~500万円未満……平均値273万円 中央値183万円
年収500~750万円未満……平均値523万円 中央値150万円
年収750~1000万円未満……(回答者1人…ちなみに6000万円)
年収1000~1200万円未満……(回答者1人…ちなみに1248万円)
年収1200万円以上……データなし

30代の単身者の平均貯蓄額は?

年収300万円未満……平均値165万円 中央値1万円
年収300~500万円未満……平均値647万円 中央値259万円
年収500~750万円未満……平均値1108万円 中央値750万円
年収750~1000万円未満……平均値1503万円 中央値1860万円
年収1000~1200万円未満……(回答者1人…ちなみに3100万円)
年収1200万円以上……平均値7005万円 中央値7005万円

40代の単身者の平均貯蓄額は?

年収300万円未満……平均値299万円 中央値0万円
年収300~500万円未満……平均値601万円 中央値136万円
年収500~750万円未満……平均値1265万円 中央値690万円
年収750~1000万円未満……平均値2471万円 中央値2485万円
年収1000~1200万円未満……平均値3870万円 中央値2240万円
年収1200万円以上……平均値1863万円 中央値2100万円

いかがでしたでしょうか? 基本的に「平均値」はやや高め、
「中央値」はやや低めのケースが多かったのではないでしょうか。


・・・・・・・・・
2915,昔、地方と東京に6種類の金持ちが居たそうな
2009年03月29日(日)
日本には戦後、地方に6種類の金持ちがいたという。
そして、現在彼等の多くが消え去ろうとしている。
・山林家     ー>輸入材、人件費の高騰で資産価値の激減
・酒造業者     ー>清酒離れで、戦後4000から1700に
・商店街の老舗旦那  ー>郊外化で、ほぼ消滅
・地場の建設業者   ー>公共事業が激減、談合の締め付け
・医師         ー> ??
地場産業のオーナー経営者 ー>中国、東南アジアからの格安な輸入品
 の流入高校の同級生の親の何割かが、この中に入る。そして現在も似た
ようなことを続けている。この数年で、その多くが死ぬか没落を始めた。 
私は商店街の老舗?商店主の??息子。(自覚しているので御勘弁を!) 
誰も彼も、彼らの息子なら、同じ?いや、御立派なのもいる?(自分だけは
マトモと思っているようだ)これに大農家で再開発などで買収された家も
入るが、これだけは安泰? この30年、地方は没落の流れであったが、首都圏と
東海産業ベルトラインは世界に向けての輸出を基盤とし、日本を引っ張ってきた。 
ところがである、そこが壊始めたというから絶望的と言わざるを得ない。
「昔、東京には6種類の金持ちが居たそうな」と言われる日が来つつある。 
・政治ゴロ、・官僚ゴロ、・土地成金ゴロ、・情報ゴロ・?・?
・・・・・・・・
2008年03月29日(土)
ー読書日記ー ディズニーの言葉
一言一言が胸に響く言葉ばかりである。原点を大事にしている創業者の理念が、
ディズニーランドに、そのままあふれている。一匹のネズミ(ミッキーマウス
チャップリンが原型と始めて知った。あの大きな靴、上着チャップリンの姿。
なるほど、それならわかる! 自分の好きなことを人生を通して追求してきた
ディズニーの言葉だから、言葉の中に魂が入っている。 
・なかでも一番大切なのが“自信”、自分を信じるということだ。ひとたび、
 こうと思ったら、盲目的に一片の疑いもなく、それにのめり込んでいくこと。
・幸福とは心の状態を言う。 物事をどう見るかだ。幸福とは満足する
 ことだと思っているが、これは金持ちであることを意味してはいない。
・男は仕事のために家族を犠牲にしてはならない。
・本を適切なタイミングで読む、ということはとても大切である。
・好奇心はいつだって新しい道を教えてくれる。
・ディズニーの成功を支えている最も重要な要素は 遊び心と 好奇心だ。 
 遊び心とは、笑うことを愛する、というアピールをする気持ち。好奇心
 とは、常に人間の心にあって想像力によって刺激されて生まれたものだ。
・夢を実現させる秘訣を知っている人にでも、越せない壁があるなどとは、
 どうにもしんじられない。私が思うに、その秘中の秘は 4つの“C”
 で要約される。好奇心(Curiosity)、自信(Confidence)、
 勇気(Courage)、不変性(Constancy)だ。
・すべての芸術家は何よりも先にまず喜びを与える人である。
 他人を楽しませることが好きな人は、やはり同じように
 自分自身の喜びと満足を得ているのである。

・・・・・・
2186, 「勝負脳」の鍛え方
2007年03月29日(木)

               才八∋ウ_〆(∀`●)サン

 図書館から月刊現代の新年号を借りてきたら、
ー第四の知能「勝負脳」の鍛え方ーというレポートがあった。
数日前にフィギア・スケートで安藤美姫が逆転で優勝をしたばかりであった。
トリノのオリンピックで惨敗、他の試合でも、ここ一番の大勝負に勝てなかった。
勝負を決めるのは鍛錬だけでなく、色いろな運や脳力が必要ではないかと、
実感していた。

ーまず、このレポートの概要をまとめてみるー

「頭が良い」とは、どんな脳を指して言うのかというと、
?記憶する能力
?イメージをつくる能力
?覚えたことをパフォーマンスする能力(多重能力)という。
要約すると、
「ものを覚え、それでも脳が忘れてしまうために、覚えた情報を一度脳内で再編集し、
その内容を表現するという流れを鍛えることで、頭をよくすることが大事である」
ということになる。

しかし、この3つの能力を活用できる人が、勝負事で勝てるかというと、
必ずしもそうはいかない。
スポーツの試合や受験、ビジネスといった実戦で勝つには
「頭が良い」だけではダメ。
レポーターの提唱する脳の第四番目の知能は?独創性や創造力を生み出す
能力が勝負の鍵を握っているという。この能力を勝負脳となずけている。
端的に言えば、勝負に勝つための独創性のある戦略を練る知能である。
アメリカのマックスウェル・マルツがサイバネティックスという成功の理論を提唱した。
それは、目的を明確にし、それを目的が達成するまで忘れない、というものです。
そんなことは、当たり前と思うかもしれないが、それがナカナカできない。

勝負脳を鍛える第一のポイントは、
「目的と目標を区別すること」が挙げられる。
・目的は勝つことであり、
 目標はどのように勝利するかです。
・そして勝負脳を使って勝つには、
 目的よりも目標に集中することが大切なのです。
目標も目的も同じようなものだと思うが、それが違うのである。

両者の違いを説明するのに、フィギアスケートの荒川静香選手の例で考えてみると・・
06年のトリノでオリンピックの金を取ったあと、こんなコメントを挙げていた。
「順位はまったく考えていませんでした。新しい採点方法に対応するために、
演技ごとに自分の欠点を明らかにして、一つ一つをいかに完璧にこなすかに
集中していました。一位になれたことにビックリしました。」
彼女はトリノから採点方法が変わったことを理解していた。
その意義を理解し、一つ一つの技をいかに素晴らしく見せるかに集中したのです。

スポーツだけでなく、ビジネスでも簡単に成功する人と努力をしても
成功しない人がいます。それは目的と目標を分けているかどうかで決まります。
目的と目標を分けて、自分の劣っている部分を明らかにし、相手の長所に打ち勝つ、
どんな状況でも手を抜かないという勝負脳を使うか使わないかである。
出世したい、勝負に勝ちたいという結果を目的にして、それを追い求めるだけでは、
科学的とはいえません。大リーグのイチロウは、初球を打ってのヒット、つまり初球
の打率が非常に高く、誰よりも早く球場に入ってモチベーションを高めると言います。
相手のピッチャーが十分に力を出し切らない第一球も見逃さない
勝負脳を働かせていると言えます。

ーーー
以上が、このレポートの概要だが、
目的と目標を明確に分けて、使いわける必要性を述べている。
そこで「目的と目標の違い」を調べたら、
目的: 達成すべき事項
   (上記を参考にすれば「到達しようとして目指す事柄」の意味に近い)
目標: 目的達成を可視化するために数字で表現できる到達地点、
    とあった。
大學生活の目的と目標を例にとると、
目的は、広く知識を学び、多くの人を知り、自分の適性とは何かを知ることで、
目標は、優を幾つ取るか数値を決め、部活動やアルバイトなどを通し多くの人を知り、
   広い範囲の本を数を読み、無事卒業することである。
この二つをはっきり分離しておかないと、やはり学生時代を最有効に活用できない。
目標を明確にしておけば、それが結果として目的達成になるのである。
しかし、目的意識も重要である。
多くの挫折の中で、耐え抜くのは目的意識である。
この二つを明確にして、割り切って楽しむことが勝負脳を育てるのである。

             (o ・д・)ツ  バイ! 
・・・・・・・・
2006年03月29日(水)
1821, あちら側の世界 -3  ゚+.(ノ*・ω・)ノ*.オハヨ              
ウェブ進化論ー3
      -ロングテールとはー
 
この本で印象的だったのが、ロングテールというキーワードである。
ロングテールが最大限生かせるようになったのは、情報化のなせる業である。
    最近買う本の半分近くが、アマゾンからの中古本である。
    一度消費者が買って読み終わったというより、出版社か中間流通業者が個人名を
    使って販売しているのではとしか思えない。
ただ同然で買い入れて、それをアマゾンに貼り付けておいて、直接送ってきているのでは?
また、一度買った本ー中古本はロングテールの部類ともいえる。
しかし、それもロングテールの大きさと長さを知らないのだろうか?
    世の中、音をたてて変化している!
   ーー

ーネット世界で利益を稼ぐ「ロングテール現象」とは何か
 ロングテールLong Tail:長い尾)とは?
この言葉は最近少しずつ米国で使われるようになった。

ロングテールとは何なのか、本という商品を例にとって考えてみる。
一年間にどんな本がどれだけ売れたのかを示す棒グラフを作ってみる。
縦軸に売れた部数を取り、
横軸には左から第一位『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』、
第二位『世界の中心で、愛をさけぶ』、第三位『バカの壁』……と
売れた順に一冊ごとに棒グラフを連ねていく。
横軸には「一冊あたり五ミリ」、
縦軸には「千部あたり五ミリ」でグラフを書くと、
本の売れ方の全体像はどんな形状になるか?
 
縦軸は「千部で五ミリ」だから「二百万部で十メートル」になる。
第一位の販売部数はそれを軽く突破する。
しかし第十位になると販売部数は一桁少なくなるから、
グラフ左端の形状は十メートル以上の高さから急降下したような形になる。

このグラフをどんどん右に向かって書いていくとどうなるか。
あるところからは、売れる部数の少ない本が延々と並ぶことになる。
日本での年間出版点数は約七万点なので、三年分並べると二十一万点。
「一冊五ミリ」で棒グラフを書くと「二十万冊で一キロメートル」になる。
第二十万位の本は、売れていてもせいぜい一冊であろう。
一冊の棒グラフの高さは「千部で五ミリ」だから五ミクロン。

よって横一キロにわたって伸びたグラフ全体は、高さ十メートルから
急降下して、あるところから地面すれすれを這う。そして一キロ先では
五ミクロンの高さになるまでなだらかに下っていく形状になる。
体高十メートル以上で一キロメートル以上のロングテールを持った恐竜。
それを横から見たシルエットのようになる。
 
本を取り巻く関係者といえば、インターネットが登場するまでは、
出版社と流通業者と書店であった。
皆、店舗や倉庫や在庫といった大きな固定費を抱えるから、
ある程度以上売れる本(グラフの左側)で収益を稼ぎ、
ロングテール(延々と続くグラフの右側)の損失をそれで補うという
事業モデルで長いことやってきた。
 
しかしインターネット書店はこの構造を根本から変えてしまったのである。
米国のアマゾン・コムの本の売上げの半分以上が、販売部数ランキングの
四万位から二百三十万位までのロングテールから上がっているようなのである
(外部の研究者による推定)。

高さ一ミリ以下で十キロ近く続くグラフ上のロングテール積分すると、
まさに「塵も積もれば山」、売れる本の販売量を凌駕してしまうのだ。
リアル書店では在庫を持てない「売れない本」でも、インターネット上に
リスティングする追加コストはほぼゼロだから、
アマゾンは二百三十万点もの書籍を取り扱うことができる。
しかも「売れない本」には価格競争がないから利幅も大きい
(米国では新刊書にも値引き競争がある)と良い事ずくめになる。
     これがロングテール現象である。
 
このロングテール現象は、特にデジタルコンテンツのネット流通において顕著に現れる。
三月二日、アップルの「iチューンズ・ミュージックストア(iTMS)」での
音楽ダウンロード総数が三億曲を超えたが、アップル関係者によると、取り扱って
いる百万曲以上の楽曲の中で一回もダウンロードされなかった曲はないらしい。
ここでもロングテールは長く連なっており、大ヒット依存のリアル世界とは
全く異なる経済原則で事業モデルが成立しはじめている。
 
ではロングテールの反対概念とは何か。
それは大組織を支配する「80:20」の法則である。
「80%の売上げは20%の商品から」
「80%の利益は20%の大口優良顧客から」
「80%の成果は20%の優秀な社員から」などなど、
大組織における「80:20」の法則は枚挙にいとまがない。

この法則は、品質・人事・営業と大組織のいたるところで通用するあまり、
「あらゆる物事において、重要なのは少数であり、大多数は取るに足らぬもの」
という思想に結実し、
「取るに足らぬ80%は無視し、重要な20%にリソースを集中せよ、
それこそが経営の効率を高めるのだ」という考え方が大企業経営の常識となった。

この「取るに足らぬ80%」とは、まさにロングテールのことである。
ロングテールに関わりあっても固定費を賄えるだけの売上げを生まない」
というこれまでの常識は、リアルな大組織においては今も正しい。

ネット世界とリアル世界のコスト構造の違いが、ロングテールに関する
正反対の常識を生み出しているのである。
アマゾン、グーグル、ヤフー、eベイといった米ネット列強は、
リアル世界が何百年も無視してきたロングテールという未開のフロンティアに
狙いを定めた冒険者たちなのである。                       
ーー                     
これが「あちら側の世界」の、典型的な例である。
ブログの世界でも同じである。
決して「糸井新聞」の必要性はない。
それぞれの趣味の連中が集まればよい。
それを可能にするのが「チープ」の成果である。 
次回はーオープンソース現象についてー                
               .@(-ェ-)@ノ~~~バイ~
・・・・・・・
 2005年03月29日(火) 
1456, 生命保険に入る馬鹿、入らない馬鹿

私は生命保険には入らない主義である。
「馬鹿馬鹿しい!何で自分が死んで保険金が?それ位なら、
 その保険金を相手に直接やるか貯金すれば良い。
 保険屋は確率の問題で、奇麗事をいってピンハネしているはずだ。」
 というのが私の理屈である。

もう一つは、
「先のことはわからない、だから心配したって仕方がない。
最悪の事態になったとして、それがどうした?!」という考え方が基本にある。
保険に入る人は「先のことはわからない、だから心配だ」という考え方なのだろう。
「だから心配だ」と「だからどうした」の分岐点で考え方が変わってくる。
それぞれの人は色いろな立場と事情があるので、私の場合の話と断っておくが。

平均寿命80歳が、生死の五分五分のラインである。
それ以上生きた場合、生命保険金は支払われないものが多い。
この辺に保険屋のマジックがある。その事実を知らない人が意外と多い。
(母もそうだったが、この事実を知らないで80歳まで保険に加入していた)
80歳以前に死んだ場合に、残された家族の生活には有効であるから保険に
入るのだ。しかし保険屋というものは、不安事業でしかない。
その不安をくすぐって加入させる保険のオバちゃんがいるのだろう。
したがって、詐欺的要素が出てくるのだ。

壮年で亡くなった場合に、家のローンや子供の教育費が負担に対する
ヘッジとして必要だろうが。といって博打であることも確かである。
保険屋の立場からみれば、あくまで博打の胴元でしかない。
無知な大衆から利益を得るのが目的である。
相互補助団体といえば、何処かの宗教団体と同じだが、
不安解消ビジネスであることも同じである。

箪笥預金も同じだろう、将来が不安と、生活を切り詰めて貯金をして死んでいく。
お笑いであるが、本人にとって不安なのだろうが。
不安感に対して、「それがどうした!」「で、どうした!」「何とかなるわい!」
「大丈夫大丈夫!」と自省してみれば、その金を楽しみに向けたほうが良いのが
わかるはずなのだが。 無知の一番気の毒なカタチである。

最後は生活保護を受けられるから何とかなるし、死んでしまえば一円もかからない。
自分は死なないと思っているから貯め込みたくなるのだろうが。

「大金を残して死んだ孤独な老人」というのが一番滑稽である。
金の本質を考えれば、哀れな生き方ということは自明である。
使い切れないほど使って、大金が残っている人もいるから一概に言えないが。

・・・・・・・
2004年03月29日(月)
1091, 公示価格は時代反映の象徴

少し日が経ったが先日、全国の公示地価が発表された。
都心の一部が下げ止まり感とあったが、地方は下落率が拡大していた。
1991年に比べて平均して、商業地で67.6?、住宅地で43.2?下がった。
土地と株価は連動するというから、あと10~20?は下がってよいことになる。
この一年で地方の6大都市などの中核都市以外は、商業地は10パーセント以上の
落ち込みである。新潟もその落ち込みになっている。
地方経済が悪いというが、そのまま地価に比例している。

家内が長岡の自宅の町内の役員会に出て聞いてきた話だが、
近くにある長岡にある唯一の高層貸しビルのテナントがドンドン撤退。
町内費が減って困っているという。
東京まで新幹線で一時間半の長岡なら、それが当然であろう。
事務所を撤退して、そこの出身者の自宅を営業所代わりにして、
月数回出社して報告する会社が、激増しているという話を聞いている。
自然と駅周辺の地価は下がって当然であろう。

デフレの一番象徴的な部分である。
下げ止まり感が無いのが不気味であり、デフレスパイラルもよいところだ。
合理化のため拠点や社宅の売却が一巡しない限り、下げ止まりは無いだろう。
東京一極化、それも東京・品川周辺を中心にした集中化は益々進む。
その反面、地方の衰退は激しくなっている。

80対20の法則ではないが、20の首都圏対80の地方にたいして、
80のエネルギーが首都圏に集中しだしたのだ。
中国などの海外に対する拠点などの情報基地としてである。
これが公示価格の大きく反映している。

・・・・・・・・・・・
2003年03月29日(土)
724, プロ野球開幕

 昨夜からプロ野球が開幕した。
他に面白いプロスポーツアメリカの大リーグ中継をNHKが衛星TVで開始した
ために,以前ほどの興味がなくなったが、それでも始まれば別である。
ON時代に育った為に、どうしても巨人中心になるが、それでもよい。
NHKも衛星TVで民放の巨人戦にぶつけて、録画をゴールデンタイムにぶつけてきている。
見るほうも同時に2画面で見るから、その差がシビアに見えてくる。

 今の巨人のトレードはやりすぎという感がする。
その豊富な戦力の巨人を長嶋の支離滅裂の采配で壊していくのが何とも面白かった。
しかし去年それが無くなった原監督巨人は、当然優勝をした。
今年も原監督に気の緩みがない限り優勝するだろう。
昨夜は上原の開幕投手の巨人と、松坂の西武が敗れてしまった。これだからおもしろい。

 私の好きのタイプは目立たない自力ではい上がってきた選手である。
巨人の清水、斉藤あたりである。
嫌いなタイプは清原のような常に日に当たってないと枯れてしまう優等生である。
毎日新聞がこの時期に「スポーツ記者による優勝予測」を毎年おこなっている。
セリーグでは中日、パリーグではダイエーが一番多かった。
私の予測は巨人と、ダイエーだが。

 大リーグでは、今年が松井が話題の中心になるだろうが、
イチローと比較されるのは酷である。 イチロウとはレベルが違う。
イチロウは自分で自分をつくってきた男。
松井は巨人につくられた男でしかない。
大リーグに対する日本の興味はますます大きくなることは間違いない。
ますますカウチポテト族になっていく。

・・・・・・・・・
2002年03月29日(金)
360,末っ子相続

世界の何処の社会でも長男相続である。
それが当然と思っていたら、末っ子相続の社会があった。
世界は広いそしていろいろあるものだ。
北欧のバイキング社会がそうだった。
成人をすると、男は船に乗り外の社会に出て行く。
最後に残った男か娘が両親の面倒を見るという。
その代わり、家督を相続するシキタリという。

彼等にとっての海は夢を実現する世界。
長男から成人になると、さっさと出て行くのが慣わしという。
それが永年の試行錯誤の中で、ベストのシステムになったのだろう。
広い自然資源があるから、そういうシステムになったのだろう。
力が付いたら広い世界へ旅立つ、大きい自然環境があった為。
バイキングといえば、海賊だ。
40~50人乗りの海賊船を数十隻を連ねて、村や街を襲ったという。

日本などの農業社会では、すぐにでも男手が必要であり、
外にはそれほどの資源が無かった。
昔から長男以外は都会などに丁稚奉公や女中に出された。
継ぐべき田畑があったが、一家が生活出来るぎりぎりだった。
北欧の場合、せいぜい家と舟ぐらいだったから、長男などは魅力も
引き継ぐ仕事も無かったのだろう。
しかし海や海の向こうに、無限の自然のめぐみと夢があった。

バイキング社会は10世紀から200年ほどしか続かなかった。

・・・・・・・・
<お笑い> 貧乏人の楽しみ

「月は雲間に隠れたし、貧乏人のおいらにはなんの楽しみはないし!・・・」
「おやお前さん今夜もかい!」
「.....   」