つれづれに ー地元の老舗居酒屋の天風が火災

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

他のブログ
http://www.enpitu.ne.jp/usr5/54909/
http://horii888888.toypark.in/cgi-bin/s_diarys.cgi
http://d.hatena.ne.jp/horii888888/archive


 今日、家内から、長岡駅前の、老舗居酒屋の『天風』が火災で全焼と聞いた。
この日曜日の午後とか。上客の固定客を持っていて、居酒屋放浪記にも
出ていた。 10年ぐらい行ってないが・・・ 確か中村天風の天風から
店名を頂いた? と、思ったが・・・  良寛の「天上大風」が語源?
これも不確かな記憶だが、良寛直筆の書がかけてあった?が・・・
レプリカか、本物化は定かではない。
 20mも離れてない至近距離に従兄弟が、居酒屋をしているが・・
どうなったことか? 
http://www.bs-tbs.co.jp/sakaba/shop/435.html
http://matome.naver.jp/odai/2139979735206650701



//////
1868, ブログは社会革命ー 2
2006年05月15日(月)
                    おはよ~!(*^ワ^*)i
 いま一つ劇的なポイントがあった。それはブログに書かれた記事は、
検索エンジンにとっても検索されやすいということだった。わかりやすく言えば、
ブログの記事や日記は一本一本が独立したHPのような形式になっている。
検索エンジンはこうした構造のHPを好むから、結果的に検索エンジンはブログに
書かれた内容であっても、企業のHPと同じように検索エンジン
取り扱われるようになったのだ。
ウェブ進化論」の第四章ブログと総表現社会の中に解りやすく書いてある。
ーひとつはブログの仕組みは、記事をコンテンツの単位として設計されている
ということだ。つまり、ここの記事に固有のアドレス(URL)がつけられた。
技術的に難しいことではないが、これが当たり前になったのが非常に大きかった。
それぞれのブログの記事に固有のアドレスがつけば、
「○○さんのブログ」というたくさんの情報が混在する塊を指し示すのではなく、
「○○さんのブログのこの記事」とピンポイントで紹介できる。
そのウェブサイト全体の内容が次々と更新されても、書かれたその記事のアドレスは
変化せず、リンクは永続する。ウェブサイトという単位よりも、もうひとつ
小さなくくりである記事が、ブログで取り扱う標準単位になった。
                      (*^ー^)/C□~~ コーヒー
 第二の技術的変化は、RSSという古い技術がブログという新しい仕組みに取り込まれ、
全く新しい可能性を拓いたことである。RSSとはウェブサイトの更新情報を
要約してネット向けて配信するための文章フォーマットのことだ。
 もともとウェブサイトとは実に受動的なメディアで、サイト上で何か更新を行っても、
誰かがそのサイトを見に来てくれない限り、その更新は人の目に触れないという代物であった。
しかし「更新情報を要約して配信」できるということは、そのウェブサイトをの更新を
能動的にネットに向けて知らしめることができるということを意味する。
 記事をコンテンツの単位として考えたブログの仕組みと、サイト内の記事を配信する
というRSSフォーマットの構造がうまくマッチしていたため、ブログを書くための
ツールの殆んどが、最初からRSS配信機能を組み込んだ。
つまりブログツールは、記事がかかれてサイトが更新される度に、RSSフォーマットの
情報を、ネットに向けて自動的に配信するようになったのである。
むろんブログの書き手のほとんどはそんなことを知らない。しかし、インターネット上は、
ブログを書いた人たちの記事の数だけ吐き出されたRSSフィードで溢れるようになった。
 フォーマットが標準化されていたから、ネット上の誰もが、それらを拾って蓄積したり、
加工したり、サービスを開発できるようになった 情報の自己増強・伝播メカニズムの芽が、
ブログとRSSの組み合わせによって生まれたのである。
ブログに携帯からも気楽に書き込んだり、見ることができるようになったから、
ブログの数が爆発的に増えていった。
パソコンとTVが融合し、携帯電話から何時でもアクセスできるようになった
スタイルが定着してきた。数年前までは考えられない時代である。
                   (o´・ェ・`o)ノ♪ バイバイ!
・・・・・・
2005年05月15日(日)
1503, 平等について-1
ー不平等が人間の基本ー
フランス革命の旗印は「自由・平等・博愛」である。
その自由に重心を置いたのが、自由主義であり、平等に重心を置いたのが、
社会主義である。博愛に重心を置いたのが宗教というところか。
「自由」については何回か書いたが、今度は「平等」について考えてみよう。
『日常生活に哲学は必要だ』ー三浦朱門と鷲田小弥太の対談集ー
の中の「平等について」の一節に明快に書いてあった。これから考察してみる。
ーまずは抜粋してみるが、「平等」に対して、
これだけ解りやすく納得させてくれるのも珍しい。
ー「不平等が人間の基本」ー
・三浦
 社会主義の基盤は平等です。
さっき、人間は共産主義者が好きなのではないという話がでましたが、
それは実は平等が好きだということなんです。
実際、遠見に見ると、人間なんてどれもこれも同じなんです。
たとえば学校を見ると、卒業式とかなんかで、クラスの記念写真を撮りますね。
これが制服など着たりしているとなおさら、みんなと同じである。
だが、少し近づいてみると、男の子がいたり、女の子がいたりする。
偏差値も違うし、歌の上手い子もいる。ハンサムな子、美人な子、逆にブスな子もいる。
これだけの要素を順列組み合わせしてみても、千差万別といってよいほど違う。
まして人間の要素というのはこれだけではない。本当に一人ひとり違う。
 だから、社会を構成上で大切なのは、平等の適用範囲なのでしょうね。
平等の心地よさは大事です。それは社会を安定させる重要な要素です。
人間を遠距離で見るか、中距離で見るか、近距離で見るか。
市民的平等、遺伝子的平等、文化的平等などさまざまな局面を考えてみると、
やはり平等は社会保障や法律の局面に限るべきだと思います。
その部分の平等が保障されていれば、その社会はまずはよしとしなくてはなりません。
ところが平等とはなんでも同じでなければならないととらえられている。
・鷲田
まず人間は基本的に不平等であると心得なくてはなりません。 
その基本的に不平等である人間が社会的生活を営む上で、なるべく円滑にいくように
考えだされてのが平等という概念であることを知らなくてはなりません。
そのためには、法律に定められた平等以外に不平等であるのが人間の姿なのです。
それを心得させるものは哲学であるということなのです。
「平等と権利の主張」
・三浦
平等は社会生活を営む上で便宜的な概念であって、人間の本質でないということことですね。
だが、その平等の概念がしばしば混乱するのは、ほかでもない、権利意識と平等が
混同されるからではないでしょうか。
・鷲田
権利を主張するのに平等を楯にする。
しかしね、平等を楯にした権利の主張は利己主義に過ぎないよ。
その証拠に、こちらに何かを寄越せ!という権利の主張なら大いに平等を
口にしますが、平等にするためにこちらの何かを削らなくてはならないような場面では、
平等のビョの字も出なくなる。
・鷲田
いまの政治家や役人の二代目なんてのは世襲化しているが、これを如何考えるか。
・三浦
何代目であろうが、一応外交官試験を通ったり、選挙に当選しているのだから、
やはり平等と見なくてはなりません。
・鷲田
平等は聞こえがよいし、居心地がいいかもしれない。
また、社会生活を円滑に回転させるための円滑油としての効果もある。
だが、それはあくまでも法律的な枠組みに限られたことだとわきまえなくてはならない。
良識などという言葉は私にはもっとも似合わないが、
やはりそういう良識を持ち合わせてないと、品位のない社会になってしまいますね。
その良識を確立するためにも哲学を持たなくてはなりません。
ーーーー
以上、書き写すのに時間がかかったが、私にとって、
それをするだけの価値は充分あった。
まずは、「平等が基本」という前提が突き崩された。
しかしよく考えてみれば、子供の時から社会を見ていても「不平等が基本」にあった。
裕福な家庭の友達と、貧困の家庭の友達は厳然とあった。
学歴の差も、美人とブスの差もあった。成績の良い子もいれば、劣等性もいた。
弱い子は虐めの対象になっていた。
色いろな人がいるのが社会である。そして、弱肉強食が実態である。
平等は何処にも存在をしてないのが実社会である。
しかし、心のどこかに平等意識が働いているから、歪みが出てしまうのだ。
同じ兄弟なのに!
同級生なのに!
市民なのに!
国民なのに!  等々。
しかし、そこに落とし穴がある。「人間の基本は不平等」と割り切っていれば、
「人生の敗北者」の考え方にならないですむ。
「敗北者」の甘さに、心のどこかに平等意識があるからだ。
「世間様」に棲む「子狐的人間」が、
この不平等と平等意識の狭間の中で右往左往する。
中国旅行の時の現地添乗員が、日本に留学に来ていた時に日本の豊かさを観て
「何で同じアジアに住む人間として、ここまでの差がなくてはならないのか?
戦勝国の中国の方が貧しいのか?非常に疑問を持ってしまった!」と言っていた。
国内だけの貧しさの平等なら解るだろうが、敗戦国なのに100倍近くの収入の
差を見せつけられれば疑問を感じて当然だろう。
「国家体制のシステムそのものに問題がある」ことに鄧小平が気がついたからよかったが。
                       ーつづく
・・・・・・
2004年05月15日(土)
1138, つれづれなるままにー駅の風景
・一昨日(5月14日)のことだが、帰路の長岡駅の出来事。
60過ぎの背広を着た男と、人相のよくない二人連れがもめていた。
立ち止まらないで通りすがりに見ただけだったが、目がおぼろの男が仕込みの
刀を持っていて、二人の男が、それを取り上げようとしていた。
中年の男が「何するんだ!」と刀にしがみついていた。
二人連れは「お前こそ、こんなものを何でもっているのだ!」と言っていた。
すぐに気がついたのが。二人連れが私服の刑事で、男は何かの事情で刀を持ち歩いていたのだろう。
・以前、新潟駅で作業服風の上下を着て帽子をかぶってマスクをした4人の男が、
歩いているオバサンの周辺を囲みながら一人が近づいて威圧をかけ、それを
バックでおばさんが追い返すと、次の男が近づいていく異様な光景を見た。
オバサンがたまらず大声で「あんた達の正体ぐらい分かっているいるのよ!」と、
叫んでいた。カルト集団同士の嫌がらせ?という感じがした。
長岡駅の出来事であるが、階段を下りていた中年の男性が階段を踏み外して顔から落ちて
メガネがとび、血が見えた。その瞬間、歩いている数十人が数秒すくんだ様に立ち止まった。
時間が止まるとは、あの瞬間をいうのだろう。次の瞬間、誰も考えることは一緒である。
「係りあいになりたくない!」である。全員が躊躇するのが、手に取るように分かった。
一番近くの人が、仕方がないという感じで、近寄り。
階段の一番改札口に近くの人が、駅員のところに駈けていった。
新潟駅の新幹線の改札を出て、しばらく歩いたところに大きめな野鳥が竦んで蹲っていた。
迷い込んで恐怖で動けなくなっているのだ。立ち止まって見ていたが、どうすることもできない
のでそのまま見過ごしたが。多くの人が、まったく興味を示さず歩いていったのが印象的であった。
  ーーー
駅はいろいろの人がそれぞれの目的を持って集まり散っていくところである。
見ていると色いろなミニ事件を目撃をする事が多い。
ハッキリしている事は服装は、当然の事だが、それぞれの目的に合わせて着ている。
服装を見れば大よそ、その人の目的、もっといえば、その人の人生が分かる。
そういう自分もそうだ。
服装はやはり気をつかわなくてはならないことだ。キンキラも考えものだが。

・・・・・
2003年05月15日(木)
771、ゆっくり急げ!
 この相反する言葉をひとつにしているのが面白い。
方向を間違わないで一歩ずつ確実に歩めという意味である。
童話の「亀とウサギのかけっこ競争」や「急ぐ文はユックリ書け」に似ている。
私の性格が気短で、せっかちで解っていても急いでしまう。
人生の達人といわれる人にゆっくり急いでいるタイプが多い。
何にもしていないようでいて、ポイントを外さない人だ。
モノゴトのABC分析がキッチリできているのだろう。
 早速インターネットで「ゆっくり急げ」と検索してみた。
上記の私の半端な解釈より、ずっと深い内容であった。
ーその結果はー
ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスの言葉として知られている。
「完璧な将軍にとって、軽挙妄動や猪突猛進ほど不似合いなものはないと
 考えていた。そこで常日頃から好んで次のような文句を口にしていた。
『ゆっくりと急げ』
『大胆な将軍より慎重な将軍の方がましだ』
『なんでも申し分なく立派にやりとげたら、申し分なく早くしたことになるのだ』」
・ローマ時代の銀貨に錨(いかり)にイルカが巻きついた図柄の銀貨がある。
 錨はゆっくりを、イルカは速さを表している。
「ゆっくり急げ」を描いた銀貨だ。
『急ぐべき時には急げ、ゆっくりすべき時にはゆっくりしろ』
と言うことだそうで、要は判断とバランスの問題だと言う。
・何をすべきかを考えることが大切
《急ぎは浪費のもと》「急いては事を仕損ずる」「短気は損気」
《急ぐと自分の踵・つまずく》
ー以上であるが、じっくり考える事と判断と、それを踏まえて の行動の早さが大事だ
 ということだ。目的と手段・戦略と戦術を冷静に見据えた果敢な行動の必要性をいう。

・・・・・・
2002年05月15日(水)
407,ホームページを開いて一年

以前「テーマ随想日記を書いて一年」を書いたが。
このテーマはホームページである。
「ホームページつくりを通して、パソコンをわがものにする」
と目標を立て、実行して一年半経つ。
やはり人生が根本的に変わろうとしている。情報化を実感している。
たどたどしく、やってきたというのが実感だ。一つの目安が、現在のこの時期と考えている。
ここで一回ホームページの解体の時期かもしれない。実施は夏以降か?
現在の自分の現状に似ている。
今までのビジネスや人間関係や慣例の解体のプロセスの時期だ。
ゼロベースからの見直しである。
ホームページづくりと、旅行の積み重ねと、去年の9・11で、
世界と世界観が全く変わってしまったからだ。
やはり情報は最も大事である。
どこまで一人になりきれるか、とりあえず一人に。
とくに「--会」といっている集まり。当分は「空」への過程だ。
そしてある時期がきたら、新しい「色」を求める。
ポイントは「電脳、グローバル、21世紀へ、前向き、楽しさ、興味」
である。濡れ落ち葉にはなりたくない。
ここで他者のホームページが見えはじめてきた。
素晴らしいホームページにいきあたる。
それと自分のホームページとのリンクがポイントである。
特にリンクの分類がポイントになってくる。
それとやはり絞込みが重要だ。
そうしないと、みさかえなく情報が入ってくる。
現在、電脳というキーワードがある。
その時代に入ったことが実感できるかできないかが分岐点だ。
ポイントはホームページだ。自分のリンク集でもいい。

・・・・・・
2001年05月15日(火)
赤面―自嘲―入力ミス

日記の文章で、文面に2日に一度は入力ミスがある。
1度見直せばこんなに多くないのはずなのだが。
2~3日前より一度パソコン内のメモ帳上に書いた上で、コピーして載せるように切りかえた。
ブラインドタッチの訓練をかねている為、余裕が無かったとことと、
日記帳という気楽さという言い訳は公開した以上成り立たない。
書き直す方法は明後日にパソコンの先生の授業課題なので土日に直すつもりだ。
毎日は書かなかった日記を公開すると同時に欠かさず書き始めるのも自身が可笑しい。
ーーー
5月10日の立花隆のサイトは初めのhttp://ttbooks.com/が正しいアドレスでした。
一人混乱していたようです。