閑話小題 ~最近の若者の恋愛事情

f:id:horii888888:20190714065351j:plain

f:id:horii888888:20190714065313j:plain

   * 7割が彼女なし
 老いとともに、恋愛事情に興味が少なくなるのかと思いきや、類人猿の一種と
して割切ってみる、それは、逆に面白いもの。NHKの『恋話カファ 男と女』が、
なかなか面白い。「今どきの18歳~34歳の男の7割、女の6割が付き合っている
相手がいない」と…。 その理由に、煩わしいからと。恋愛より面白いことが
多くあり、エネルギーをとられたくないとか。 要するに恋愛に対するコスト・
パフォーマンスにあわないと…。 便利な世の中になって趣味の多様化もある。  
小噺に、
 男:『月は雲間に隠れたし、貧乏人のオイラには何もすることもなし』
 女:『おや御前さん、今夜もかい!』というのがある。以前は楽しみは、
まずは恋愛の乳繰り合い。そこには男女の隠された部分を性欲の妄想で惹き
つけあう要素が大だが、それがネットで、逆に減退に? 求愛の趣味の違いも。
男が女に求めるのが、まず美貌。そして相性。女はまず収入。そして優しさ。

  ~NHK・HPの<恋話カフェ 男と女 [BSプレミアム] >によると…
≪ 恋したい!でも、できない。相手がいない。どうしたらいいの? 
「恋話カフェ」のマスター原田泰造が経験豊富なタレントや恋愛に詳しい
専門家たちとさぐるトークバラエティ。
 今、恋する人が減っている!
男性7割、女性6割に交際相手がいない(18歳~34歳独身)。
なぜ?恋愛をコストで考える人が増えている?
恋愛にはタイミングと才能が必要?
恋愛の大先輩、経験豊富なあの有名人たちのセキララ話からヒントをさぐる。
 そして、男と女はなぜすれ違うのか?価値観の違いはどこからくるの?
精神科医社会学者、離婚問題弁護士による、現代の恋愛事情分析トーク
脳科学や動物行動学にもヒントが。

▼ 先ず7割方は、ペア成立と思いきや…逆とは驚き。誰もが少しでも良質の
 相手を求めるが、そうは問屋が卸さないのが現実。三次産業の女性主体の
職場に長年の間、身を置いていたこともあり、それはシビア。美貌と能力が
掛けあって、相手の質の優劣が決まる。もし、自分より見劣りがする女性が、
自分の相手より勝った相手なら、あらゆる手段で阻止をする。男も女も2割が
8割の総取りのパレートの法則が、恋愛事情にも影響しているため、7割には
回ってこないのが現実。良質の2割以下の相手なら? 一人、趣味の世界の方が
遥かに良いことも確か。 人間とは相手を見抜いても、自らは見抜けない。
 何ゆえに、美人の優劣がつくか? といえば、優秀な男が争い確保するため。
優秀な男の血が、女を磨き上げる。逆も、時にあるが!

・・・・・・
6331,閑話小題 ~はや、横綱は全滅ですか…
2018年07月14日(土)
   * 大相撲が始まって6日!
 はや大相撲の前半が終わろうとしているが、3人の横綱全員が休場の有様。
その原因が「モンゴル横綱3人共謀の暴行事件が発端。貴乃岩が出席した宴会場
に押しかけた暴行事件にある。彼らの強さの源泉が、「左かち上げ、右手の張手
横綱特権と、八百長の間接強要だったことが、誰の眼にも明らかに露見。」
以来、そのアドバンテージが使いづらくなったため。…で、1年もしない内に、
この有様。これにあやかっていた日本人大関も、勝てなくなった。これを辛口の
評論家も公然と言いづらい?
その点、貴乃花親方が、我が身を投げ捨って知らしめただけでも、立派。
遠藤が入場の時は、大歓声になるが、白鵬にはシーンと白けムード。当然だが… 
白鵬と、朝青龍日馬富士鶴竜のつくり上げた、横綱アドバンテージ・システム
の現実を、公言出来ない評論家も含めた不甲斐なさをファンは御見通し。これは
現在の政界と同じ。悪しきポチリズムが、世界を覆ってしまった。相撲は興行で、
本気に張合うのが間違い? 少々の談合も必要? と割る切るしかないのか。
 そういえば、大鵬、けっこう張手を多用していたようだが… 
稀勢の里、如何か?」 誤魔化し、強引に押上げ、何とか一回だけ優勝させた
ひ弱な横綱、今さら何をか?
モンゴル横綱3人衆に狙われ潰された、若手?逸ノ城がいる。徹底的に張られた
ようだ。稀勢の里も然り。亡くなった親方が、それを察知し、合同稽古御法度に
していたが、それが逆にひ弱にしたきらいがあった。 モンゴル人に占拠された
大相撲、如何なる? 興業として割切るのが一番! 国技など誰も言わなく
なったし、それで、いいんじゃないですか。柔道、空手も、世界に向けて門戸
を開いたことだし… 国技など如何でもよいと割切る時代になったということ。
一年後には、3人の横綱は引退。オリンピックを目指した白鵬が一番、当てが
外れた。狂ったように肘打ち、張りまくれば、何とか持つが? 

・・・・・・
4869,「事業人生を決心して45年」の語り直し ー37
2014年07月14日(月)
   * 閑話小題 -なぜ、あなたはいつもお金が足りないのか?
『 なぜ、あなたはいつもお金が足りないのか?』小堺桂悦郎著ーに、
 45年間の事業で実感した真髄が、そのまま書いてあった。
《 ・・多くの経営者が、「儲けようとして損をしている」わけです。
 誰しも、自分から損をしようとする人はいません。ならば、まず徹底して、
 損をしないようにしましょうと、私はアドバイスをします。》
のぼせ上り、より儲けようと歯止めが利かなくなり、ミスに繋がっていく。
ファッションなどの不良在庫の発生原因の多くが、売れ筋商品の代替商品がヘドロ化
したもの。 チョッとした違いに消費者は敏感だが、売り手が気づかず仕入
をしてしまう。 売れ筋がベストとすると、その品切れをベター商品で補おう
として不良在庫になって、損失につながる。これ事業も、人生も全く同じ。
10年、20年かけ積上げた利益の保留分が、創業時の周到に準備を重ねた構えを
忘れ、目先のベターに妥協をした結果、損失に変えてしまう。新潟駅前では、
それが駅から一番離れたのホテルと、駐車場。これが、それまでの利益のみ
ならず、本体の経営を揺るがす。ちなみにベストは、関越自動車道からの
東バイパス沿い立地。その判断ミスが致命的な戦略ミス。
それを戦術的リストラでカバーをしても、所詮は無理。3年前の結果は、
ベストでなく、ベターの選択の結果である。現在も同じことが言えるのでは? 
決して、ベストではない? 流れで、自宅に、そのまま住んでいる。
ところで、私の場合どうだろう? 3年まえも、そうだったが、今日明日の
資金繰りに追われたことは、人生に一度もなかった。それは、むしろベスト
でなく、ベターだったのか?「なぜ、人はいつもお金がたりないのか?」と、
問われれば、「万一の備えと、その知識が足りないため!」になる。 
ワーストは、ベターの服装を着て擦り寄ってくる。 で、このザマ! 
アベノミックスは、決してベストではなく、ベターでしかない。
ベストは何? 意図的なブラックスワンで、一度、現状を
清算をさせ、国家非常宣言をした上で、思い切った国家的リストラ。 
当然のことだが! グローバル的には秒読みに入っている。
私、個人は、まさに一歩先に・・ いや、そうせざるを得なかった!だけ。

・・・・・・
5964,人生楽しいかい? -3
2017年07月14日(金)
        <「人生楽しいかい?」ゲオルギー・システマスキー著>
 * 【指令4】距離を測る
     【指令5】呼吸する
      【指令6】姿勢を整える
       【指令7】視点を動かす
★ 【指令4】 距離を測る
  ~『いつでもここから逃げられる』という余裕があって初めて、
    人と人は「対等」になれるのや~
 ▽ 私のスタンスは、他者との距離を置くこと。個人主義である。
特に20歳で『創業を目指す』と決めてから、その傾向が強くなっていた。
まず、ベースづくりのため、固定が最大の難敵となる。今も、そのスタンスが
そのまま残っており、誤解を受けているようだが… 新潟駅前で30年間の事業
をしてきたが、4つのホテルのテリトリー内には、暴力団事務所が2つ、3つある。
いつ、何ときに、組員が営業にくる可能性があった。事務所には、裏口を用意し、
逃げ道を作ったいた。一度も対峙することは無かったが、このスタンスは基本。
『閑静』の『閑』の、一本の木を取り囲む塀である。とにもかくも、孤独と、
孤立を心の中に保ってないと… これは両親の後姿から学んだこと。
 たった1センチの距離の違いが人生の別れ道になる。
★ 【指令5】 呼吸する
  ~鼻から吸って、口からフ~ッと吐く。これが究極奥義、呼吸や~
 自分が緊張をすれば、相手もまた、緊張する。自分がリラックスれば、
相手もまた、リラックスする。
 平常心である『何となく大丈夫」という感覚こそ重要である。
 ▽ 過緊張ゾーンこそパニックの原点。大抵の人は平常心でいられず、常に
パニック状態であることが多い。平常心ゾーンに回復するには、こまめな「呼吸」
で、回復することこそ、奥義がある。
★ 【指令6】 姿勢を整える
  ~姿勢をまっすぐにし、リラックスして立つ。そうすると呼吸も楽に
 なりし、今より楽になる。~
 「優秀な戦士とは、健康な戦士である。」その外形は背筋を伸ばした、姿勢。
 ▽ 規律訓練などで、厳しく正されるのが背骨をスプーンにした上に、全身を
弛緩すること。そうすると、呼吸も自然と整うことになる。そして、対峙する者
の眼か、首元をみること。新人訓練をする方は、相手は野獣と理解しおかないと…

▼ 卒業直後に、「正社員としての正規教育」を受けてないと、後あと、
 苦労することが多くなる。転職をする度に、準社員としての立地ふるまいが、
染み込んでいくため。そして、不適応と不自由を混合し、外部に自由を求める。
【指令4・5・6】は、「ヨガ」の教えに重なる。
<周囲の人との距離を図り、姿勢を正し弛緩と緊張を繰返し、静かに呼吸をする>
 で、目的は「瞑想」を深めること。

・・・・・・
5234,「エリック・ホッファー自伝」 ~⑥ 
2015年07月14日(火)
             「エリック・ホッファー自伝」中本義彦訳
    * ある若い女性との出会いと、別れ
  ホッファーに深い矛盾が見て取れる出来事である。人生で誰もが、
 経験する分かれ道がある。もし、二人の女性の申し出を受け入れていたら、
放浪者として世に受け入れられた哲学者としての彼は居なかった。別れで一番、
傷つくのが本人同士。こういう傷口から深い思索と、新しい出会いが出来てくる。 
時空を超えて悲しみが伝わってくるようだ。 ~その辺りから
≪・ある初夏の朝、レストランから出ようとしていると、赤い列車がシャタック
アベニュー駅に到着するのが見えてきた。こんな早く旅行しているのはどんな
人だろう。列車からは若い女が二人降りたが、手には小さなスーツケースを
持っている。明らかに初めての来訪で、列車を降りた所であたりを見回している。
様子を見ているうちに、急に話しかけてみたくなり、足早に彼女たちに近づいて
「何かお手伝いしましょうか」と声をかけた。彼女たちは驚いたようだった。
二人の女は昼と夜のようにまったく対照的である。一人は背が高くてとても
美しく、もう一人はずんぐりしていて、きれいとは言えない。
「手荷物係さん?」とずんぐりした方がたずねた。「いいえ、給仕係さんですよ」
と私は答えた。みな笑った。私は動揺を隠そうとしゃべり続けた。彼女たちは学生
だろうか。大学はちょうど休みの時期で、次の学期が始まるのは数ヵ月先だった。
サマースクールに出席しようとしているのだろうか。それなら、いろいろと
落ち着くまで時間が要るだろう。「とにかく、そのときまず必要だったのは
朝食である。私はスーツケースを持ち、レストランに案内した。私はテーブル
をとり、カウンターに行き、オレンジジュースと果物とハムエッグを注文した。
食事中も彼女たちは笑いっぱなしで、私を好奇な目で見ている。きれいでない方
の目は私に対する疑いが見てとれた。私は「心配しないでください。別に私は
頭がおかしいわけでもないし、知らない人に声をかけて朝食をご馳走する
趣味はありません。姿を見かけた時に、話したいと思っただけです。
 ・・(略) 彼女たちにはある計画があったのである。ある晩、フレッドが
人生の目的について私を諭した。人間は目的をもっていなければならないし、
自分の非凡な能力を無駄にするのは罪だ、と。彼女はヘレンから最近の物理学
の動向について聞かされていたのだ。そして、私の理論化する才能を生かせば、
奇跡的なことが成し遂げられるはずだし、物理学部の誰よりもすごいことが
できる。並外れた数学の力があれば、アインシュタインのようにもなれるかも
しれない、と彼女は信じ込んでいた。ばかげた話だった。二人の女性が、
私を驚異の人物に仕立てようと決意している。まったく常軌を逸していた。
私は心からヘレンを愛していたが、彼女たちの期待に応えるために、四十歳
まで残されたわずかな人生を費やすのは、あまりにも惨めだろう。おそらく
物理学部の人たちは、すぐに私が偽者だと気づき始めるだろう。どうして自分
に並外れた才能があるなどと信じられよう。もしこのまま彼女たちと暮らせば、
一時の平和も見出せないだろうと思った。私は一刻も早く行動を起こして、
放浪生活に戻らなければならなくなった。こうして収穫期が近づいたある日、
私は何も告げずに、バークレーを離れた。・・・ ≫
▼ 何か、ホッファーの傷の疼きが、そのまま井伏鱒二の詩が代弁している。
 <この杯を受けてくれ どうぞなみなみ注がしておくれ  
           花に嵐のたとえもあるぞ さよならだけ が人生だ>
 先短い人生、一時的安住を選ぶか、放浪哲学者の道を選ぶか。
20才代、創業のための自己配転をした節目の孤独感を思い出す。
目指す所が、あまりに遠く、現状に安住できない二重構造の自分が、
存在していた。 極限を乗越えていくのが青春であり、青年である。

・・・・・・
5599,恋愛心理学 ~①
2016年07月14日(木)          
             『美人の正体』~越智啓太著 
  * 美男美女には敵わない
 図書館で、何気なく手にとって借りてきた本だが、これが面白い。
これで、「恋愛心理学」の分野があることを初めて知った。考えてみれば、
幼児から恋心が芽生え、老いれば老らくの恋がある。その心理学があっても
不思議ではない。総じて人間は、外見的魅力が高ければ高いほど得をする。
顔が悪かったら何か他でカバーしようとする。ここで、学問等が優秀でも
美男美女には敵わない現実が記載されている。生物学的要因と社会学的要因
の双方から、美人・ハンサムであるほど、頭が良く、運動や音楽でも優れ、
仕事ができ、玉の輿に乗る可能性が高いようだ。
 耳、鼻、口、目などの平均的形相を、そのまま均整をとって組合わせた顔が、
何故か信じられないほどの美形になる。その上に、顔や身体の「左右対称性」
が、健康や知性、社会的な適応と密接に関連している。
 良い顔つきの人には、それなりの人がペアになるため、長年のかけ合わせの
積重ねが、容姿の元になる。しかも、美人・ハンサムは幼少時から周囲の大人
に能力が高いと期待され、結果、努力を重ねるため、能力も比例する傾向にある。
  ~印象に残った箇所の幾つかを抜粋すると
・男性は「相手の子供が自分の子供である確率を上げるため」、
 女性は「やりにげされないため」、それぞれの思惑で相手を選ぶ。
・男性の場合、相手が若く経験が浅いほど自分の子である確率が高いから、
 若くて幼児っぽい容姿に惹かれ、女性は行為の前に鳥でいう「巣作り」を、
 つまり経済性を要求する。
・同じ男性でも高級車に乗っていると魅力的に映る。 女性のWHR(ウエス
 とヒップの比率)が、体重に関係なく0.7が丁度よいバランスになる。
・多くの写真を合成して平均化していくほど、イケメン・美人度が高くなる。
 ――――
 息を呑むような美人に何人か出会ったが、連れは、?の人が多い。短期的に
丁度良い相手は、長期的相性が良いとは言えない。二人のパッと目は良いが、
さて中味となると? で、世界は不幸に満ちることになる。 美男美女とはいえ、
顔と身体のバランスがとれているだけだが、それで人生を大きく左右されるとは、
何だろう。自分の中の妄想を、そのバランスの良さが、駆り立てているだけだが。
もう一つ、TVや映画の主人公は、当然、美形である。そのハロー効果 ※が、
美形、良い人、有能な人と植付けられた結果が、実態との乖離をうむ。付いてる
機能は、皆、同じなのに。肉体というヌイグルミと、心、魂は別物なのに。 まあ、
一生、気づかず、人生を終えるのだから、それはそれで! でも美人は良い。
 
 ※ ハロー効果とは、心理学者エドワード・ソーンダイク によって名づけられた
造語で、心理的効果の一つ。ある対象を評価をする時に顕著な 特徴に引き
ずられて他の特徴についての評価が歪められる現象のこと。