542, K−1が面白い

  • 2002年10月07日(月)

1昨夜のK−1が面白い。これは10年近く前から始まった総合格闘技である。
寝技を認めてないのが、プライドという格闘技と少し違うところだ。
キックと空手とカンフーの頭文字のKの字を取ってK−1にしたものだ。異種の格闘技だから、たまらなく面白い。
最近はプロレスとの対抗戦やプライドや極真空手との対抗戦があって、エキサイテングの多い内容が多い。
極真空手も最近は苦戦をしている。 (最近は世界最強の格闘技と言わなくなった)
この10年間のK−1のトップクラスの選手が全盛期を超えてしまった。
その上に世界には幾らでも強い選手はいる。昨夜もk−1のナンバーワンの選手が、格闘技を始めたばかりのパンチさえ
まともにうてないアメリカン・フットボールの元選手に軽く負けてしまった。 見方によってはk−1の全面否定でもある。
相手は筋肉の塊の2メートル、170キロの選手でただ力任せにパンチを振るストリー・ファイター。
それに負けてしまうのだから面白い。前回は反対に、プロレスの実戦派の強豪が軽くK−1の選手に負けてしまった。
最近は金網の中で、噛み付きと急所の攻撃以外なんでもありの総合格闘技の放映を始めた。
もちろんアメリカ本土の内容だが、寝技が中心になっていて、内容は凄惨過ぎる。
最近は月に一〜二度は、面白いボクシングかk−1が見られるのがよい。

・・・・・・・