[167] 読書について
                2001/10/01
 読書ー書物はすべての人の学校である、いや大学といっていい。どこの学校に入ったとしても
学べる事はしれている。学校を出てから学び続けるしかない。本を読み続けるしかない。
 大学を出ているかは関係ない、生涯、本という大学に通い続けなくてはならない。
もちろんセミナーや新聞やTVや、実際の仕事の上で学ぶべることが多い。
しかし読書という分母の上でそれらをやると効率が違う。 初対面の人でも書物の大学に
どの程度通い詰めたかどうか直ぐわかる。私も反対に見られているのだろう。
本は安い500円から2000円で、あれだけの情報・知識を買えるのだから。