2004年07月17日(土)
1201, 仮説について

ー仮説を辞書で調べてみると、
ある現象を理論的に統一して説明するために立てられた経験科学上の仮定。
その真偽の検証は、仮説から必然的に演繹(えんえき)された諸命題を実験や観察によるテストで
確かめることによってなされる。検証された仮説は法則や理論として公認される。 ーとある。
事業では、生じてきた問題に対して常に仮説を幾つか立てて、知るかぎりの情報を検証して判断決断をしてきた。

わたしの思考法として、
・自分の立てたテーマと結論に対して正反対の仮説を立ててみるという「仮説思考法」
・本や人の論を全く疑ってみる「一刀両断思考法」
・喩えをつかって、その現象を一度パッケージ化をして、それを鳥瞰してみる方法ー「喩え話鳥瞰法」
・KJ法をつかう方法(帰納法の一種だろう)ー「紙切れ書き出し思考法」
・テーマを考えて、それを構成する材料を集め、そのプロセスで考える方法「テーマ思考法」(演繹法)などがある。

正・反・合を自分で組み立てる時、立てた説(正)の反対(反)を大胆に考えること
が重要である。往々にして、その反対の説の方が理が通っているケースが
多い場合がある。そして、そのプロセスでよりよい案(合)を考え出す。

情報化社会へ大きく変動していている時代に生き抜くには、いろいろな状況に対応できる幅広い考え方が必要になる。
固定した考え方は、状況が一変したときに、それに対応できなくなってしまう恐れがある。
そこでは、シミュレーションする能力の「仮説」を立てる能力が重要になる。
「仮説」を立てる能力とは、「常識」を少し違った角度から構築することだ。
その為には「常識」を疑うことがまず必要になる。仮説には、仮説演繹法と実践仮説がある。

ー実践仮説 ー 実践の中での疑問・想起・想定・仮定・仮説 を立てる  
? まず実践者の行動の一部に「おやっ」とか「どうしてだろう」という疑問が生じる。 
?つぎに「たぶん〜だろう」という形を思う。 これを「想起」とここでは呼ぶ。 想像が始まるのである。
?この想起が当たると、疑問は解消する。
?それでも当たらないと、「〜か」と思う。想像にある方向性が生じる。 これが想定である。
?この想起が当たると、疑問は解消する。
?それでも当たらないと「〜か、あるいは〜か・・・・・」となり。
 これを「仮定」である。 そして想像の分類が始まる。
?仮定を確認する作業を行う。それにより仮定が支持されると、疑問は解消する。
?それでも仮説が支持されない場合は、研究の懸案として残される。

ー仮説演繹法は考え方の手順を示している。
 その考え方として、以下のような手順を調べるー
 ?想起:
 ?確認可能な命題の形で仮説を立てる
 ?仮説を実験など実際に検証する
 ?検証されなかった仮説は採用しない
 ?検証された仮説を採用して論理を構成する
 ?それを考査
 このようにして構成された論理の体系が「科学」という。
科学的というと実験を連想しますが、実証する方法はなにも実験に限らない。
日常の観察で確認される事柄も、上記の手順に合致すれば、科学的な事実といえる。
仮説を意識して立てることは、実践を高める上で役に立つ。特にフィードバックを瞬時に可能にする。
「3案・5案を考えて、その中から選定すべし」というが、それだけ多くの視点を持つべし、
案を練りこむことになるからである。

・・・・・・・