2005年07月17日(日)
1566, つれづれに

ユニクロ社長交代ー
ユニクロの社長に、創業者の柳井氏が返り咲くことになった。
全く流通に関係ない人が社長になったことに疑問を持っていたが、やはり当然の結果となった。
参謀とトップは別ものということが、理解できなかったのだろう。
それが現在のダイエーのトップ人事にもいえる。数年後に、その失敗のカタチが表面化をしてくるだろう。

ー橋梁談合事件ー
この事件の、奥行きの深さが段々と見え始めてきた。
道路公団の元理事が逮捕されたが、道路行政に巣食う政治家の利権が複雑に絡み合っている。
これは、現在のゼネコンの世界の凝縮された姿である。
役人や政治家の利権も絡んだ構図が日本の隅々まで張りめぐらされている?。

ーイギリスの爆弾テロー
イギリスの爆弾テロの4人が特定された、とニュースにでていた。意外と早く犯人が特定されたのには驚いたが、
マークのされてない人達というのが不気味である。 次は日本という連想が出てくる。

ー大相撲も中日になるー
今場所も、朝青竜が抜け出してきた。ますます若手の外国勢の力が増してきた。
幕下では金髪の力士が出てきた。格闘技と思えばよい。
そういえば、公開の横綱総見の猛試合をTVで見ていて、朝青竜の抜群の強さには驚いた。
それと相撲に対する姿勢が、他の三役と比べて全く違うのが見て取れた。
当分は彼の天下が続くだろう。モンゴルに帰れば数年で大統領になれるというが。

・・・・・・・・