2006年07月11日(火)
1925, シャイン   \(^▽^*)おはようございます!(*^▽^)/
              −映画観想日記

何げなくDVDレンタルショップで借りてきて観た『シャイン』という映画が素晴らしい。
今も活躍している天才ピアニスト、デビッド・ヘルフゴットの半生を描いた映画である。

    そんなことも全く知らないで、観ているうちに『シャイン』の世界に引き込まれてしまった。
    この映画の成年期の主役の演技が素晴らしいと思ったら、何と彼は、この映画でアカデミー主演男優賞を
    とっていたのだ。ジェフリー・ラッシュはこの映画の後、「レ・ミゼラブル」「恋に落ちたシェークスピア
   「エリザベス」「テイラー・オブ・パナマ」などに出演していた。  
   「それでも人生は続いていく」という主人公の最後のセリフが、耳の奥に残っている。

    この映画の中で演奏された「ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番」が素晴らしい。
    何度か聴いたことがあるが、これを演奏できるのは限られた天才のみ!である。
    クラシックの良さが少しだが解るようになってきたのは、一年以上の間、
    クラシックを寝る間際に一時間、聴き続けた結果だろうか。

映画の主人公の父親の、息子に対してスパルタ教育と異常な歪んだ愛。そして二人の葛藤の何とも激しく、
矛盾に満ちていた。 「愛情は自分のエゴでしかない」ことが自覚できない父親の愛が哀しい。

    多くの印象的なシーン
   ・小さなレストランでのピアノ演奏の場面
   ・ジャケットになっている、青空の下トランポリンで跳ねる場面
   ・冒頭の街の小さな教会でポロネーズを弾く場面、
   ・疲れきって噴水の前で寝ている場面 ・・・等々。

近くのレンタルDVDショップには、まだまだ気づかない名作が多くあるのだろう。
 それはどれか、見ない限り解らないから・・ 
 ーーー
「シャイン」の背景を、検索で調べたみたー

「シャイン」は、1996年のサンダンス映画祭で上映され、 もっとも注目された作品です。
「シャイン」は非常に大きな反響を呼び、一般公開前からすでに伝説の作品となりました。
すでにいくつかの国際映画祭で賞を受けたほか、主役のデヴィッド・ヘルフゴット扮する
ジェフリー・ラッシュが1997年のアカデミー賞で主演男優賞を受賞しました。

彼は、訓練を積んだ優秀なクラシック音楽のピアニストでした。
しかし、天賦の才能をもつそのピアニストが世界の舞台から姿を消します。
ストーリーは、それから10年後にパースのあるレストランで再び
ピアニストとして復活するまでの夢と苦悩の日々を描いています。

 ・・・・・・・・