* 自由について… 
 少し以前に、「平等と公正」をテーマに取上げた。とすると、次は「自由」
になるが、これについて何度も取り上げてきた筈と、この個人HP内検索をすると、
あるある。 その前に、ネット検索をすると、簡潔で解りやすいのが幾つか…。
――
質問: <内的自由と外的自由の違いは何? >に対し…
 〔 内的自由はあるけど、外的自由なんてありません。
 外的には、自然法則で因果的に決定されているんだから、必然的で、
自由なんてない。自由があるとしたら、内的自由だけ。内的なものは
自然法則に左右されないから、因果的に決定されておらず、自由がある。
人間は内的には自由、外的には不・自由。 〕

 〔 アタマんなかが空っぽっぽだと内的自由だよーん♪
 でも、おサイフんなかが空っぽっぽだと外的不自由なの。
ボクないない的ビンボなんだもん(T_T) 〕

質問:<『自由』って何ですか?>
 〔 読んで字のごとく、”自分にのみ由る”こと。
ただ問題は、『権利』や『義務』云々よりも、その『自分』だと思います。
『自分』と言う存在は、すでに『不自由』だと思っているからです。 〕
字面を追ったにしては、矛盾していますが… 〕

 〔 私は、私が『命(めい)、意思、肉体』の不可分な三位(いのち)
で構成されている、と考えています

 意思は、私に由来する私のもの(不完全で、欠点だらけで、なぜか能力が

 限られている存在の基)
(私に由来する『私』と、私のものの『私』とは同じでないような気がする)
(この三位は、あの三位一体説の三位とは違う)
(存在するということは、不完全だから、絶対ではないから存在するのだ、と。
”自由”と言うイメージは、このような考え方を出発点として、個々の可能性を
『担保』するために先達が実現しようと歴史的に辛酸をなめながら勝ち取ってきた
”いのち”に最適の”在り方”だと思います。 それは、文字通りの『自由』では
ないのかもしれませんが、少なくとも”いわゆる”『かって』や『わがまま』
とは違うと思う。〕


▼ お金の縛りから解放されるためには、余裕資金を持つ必要があるという
 矛盾がある。余裕のある人が、「世の中、金だけじゃないよ!」と言うのと、
日々、生活資金の綱渡りをしている人が言うのとでは意味が全く違ってくる。
後者は、それに縛られている不自由からの解放の願望になる。宝籤は、当選の
夢を買っているのである。 自由の夢を買うなど… 何やら?と思うが。
自由は、内的貧しさから生まれ出る妄想。 時には、それもあり?
8年近く前に、準備を含めると45年間の「事業の縛り」から解放され、現在でも
身体と心が空を浮いているように軽い。 もしかして、物心がついてからの
商家の縛りを含めると70年近くになるのかも? 自由とは、まずは両親の縛り
からの自由が第一歩。次は地域社会の因縁、そして、自分の固定観念からの
解放が必要になる。その為の身近な方法が読書になる。今ではネットが存在する。
内的自由は教養。外的自由は、「恒産あって、恒心あり」の余裕資金ということ? 
とすると、教養は内的自由を確保するための必要条件になる。知ると、知って
ないとは、世界が全く違って見えてくる。 内的には教養。外的には余裕資金。
あっても味わえないと、ついつい500mの世界に埋没してしまう。それも悪くは
ないのか、おい!達磨。 エッ誰のこと? 私自身のことです。ん… ったく!
                           〜つづく
・・・・・・
6126,閑話小題 〜ガッツ石松・迷言集
2017年12月21日(木)
   * ガッツ石松
 ガッツ石松モノを検索すると、簡潔にまとめたのがあった。
長嶋茂雄に劣らない質量の? 迷言があるある。落語の熊さんそのものが、
そのまま現代に現れ出ているようなところが良い。じゃあ、長嶋茂雄は誰か?
答えは数日後か、一か月後には出るはず… 取りあえず寅さん。そうすると、
私は八っんですか。 で、さっそく明日、大家さんを加えた四人による
「大相撲呆け問答」で批判を展開してみようか。
長嶋・寅さん:批評家連中、何を言ってるんでしょうね。
ガッツ石松・熊さん:御身大事で話しているのが気に入らねえよな。
八っつあん:ムキになる問題じゃないよ。「大男総身に知恵が回りかね」のこと。
大家:そんな世界は、今では学士様が……
 〜で、話をガッツ石松に戻す!
――

1.あるインタビューにて、
 「私はボクシングで人生が380度変わりました」… 
   20度しか人生が変わってなかったんですね … 
2・スピルバーグ監督の映画「太陽の帝国」のオーディションを 受けに
 行った時の面接で、スピルバーグ監督に「君はなぜこのオーディション
 を受けたのですか」 
  ガッツ;「事務所が行けといったから」…

3.クイズ番組にて、
 司会者「太陽はどこから昇るでしょうか?」
  ガッツ;「太陽が昇るのは右からだろ」・・・
4.クイズ番組にて、
 司会者「次の曲を歌っているヒトは誰ですか?」
〜♪もしも私が家を建てたなら…(小坂明子「あなた」より)
  ガッツ;「オンナの大工!」・・・歌詞のまんま

5.クイズ番組にて、
 司会者「世界の三大珍味です。トリフ、フォアグラ、もうひとつは?」
  ガッツ;「サキイカ!」
 司会者、「残念ですが違います」
  ガッツ; あっ、思い出した、キャタピラ!」…
   キャビアだが、でも気持ちだけは伝わりました!
6.クイズ番組にて、
 司会者「同意語の問題です。ファスナー、チャック、もう一つの言い方は?」
  ガッツ;「社会の窓!」
 司会者「う〜ん、いいでしょう特別に正解とします」…

7.クイズ番組にて、
 司会者「アップダウンクイズ、司会は私し○○。そしてアシスタントは・・・」
 と隣のアシスタント役の女性にふったその時、解答者席のガッツがピンポーン。
  ガッツ;「佐々木みえ!」
  ☆ 佐々木みえ;アシスタントの名前
8.クイズ番組にて、
 司会者「実力があるのに寧ろそれを隠すようなことを、日本のことわざでは、
 能ある鷹は○○○○○と言います。さて何と言うでしょうか?」
  ガッツ;「えぇ…えぇ…わかった!のうあるタカは・・・アタマがデカイ!」
    …脳みその事だと思ったんですね・・・

9.クイズ番組にて、
 司会者「ガッツさんナゾナゾ問題ですよ。よく考えて下さいね。
 5+9+3は(ごくろうさん)。それでは、1+9+3は?」
  ガッツ;「えぇ…えぇ…わかった!12!」
 司会者「残念!答えは(一休さん)でした」
  ガッツ;「あっ!そうだった…ナゾナゾだったんだよな。
   オレ、まともに計算して間違えちゃった…
10.時代劇の撮影を終えたガッツ、ちょんまげのカツラを脱ぎながら一言。
 ガッツ;「こんなに暑いものを毎日かぶって、昔の人は大変だったんだね」

11.世界タイトルマッチの解説で挑戦者の気持ちを尋ねられ衝撃のコメント。
  ガッツ;「いや、怖いのが半分、恐ろしいのが半分でしょうね」…
    要するに全て恐怖だったんす・・・
12.あるインタビューにて、好きな数字は?の問に対して、
  ガッツ;「ラッキーセブンの・・・3!」

13.同窓会に参加して、
  ガッツ;「お〜、老けたな〜!いくつになったんだ?」
14.土木作業員のことを土曜日と木曜日しか働かない人だと思っている。

15.ガッツが選挙に出馬したとき、
  ガッツ;「いざとなったらこの右ストレートで乗り切ってみせます」と言って
  左手を前に出していた。
16.世間で新人類なる言葉がブームになっていた頃、
  ガッツ;「今いろんな奴がいるけど、俺だって昔は類人猿っていわれてたんだ」

17.「ゆりかご」が正解の連想ゲームにて・・・。「赤ちゃん」→「入れるもの?」
  ガッツ;「コインロッカー」
18.急ぎの時は電車の先頭に乗る。

19.サインに「ガッツ右松」と書いた。
20.パスポートの申請で性別(SEX)の欄に週一と書いた。

21.バナナがうまいのは20本まで。
22.ん〜、オフの日はあんまり仕事していないよ。… そりゃそう

23.運転手さん!そこ、右に左折して!
24.きょうは歯が痛いから、歯医者をサボった。

25.ガッツ家の猫の名前は「ネコ」。

――
▼ 何故か、長嶋同様、上から目線で見下せないところが、人柄である。
 現実にハッとする無知ゆえの失敗が数知れず沈殿しているのが人生。
それらが人生の夕暮れの晩餐に、自虐ネタとして現れ出てくる。老いの最も
辛い現象の一つになる。しかし、その奥には御宝が隠れている。その前に、
己の沈殿の毒を他者に見つけ周辺にふるのが、我が内なる「狐」。それに
引っ張られ徘徊をする。笑うより、笑われる方が、よほどマシということを
御二人の「間抜けが教えてくれる。それが自分自身の自嘲で、己に帰って
くるのが人生。 羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提娑婆訶
ガッツの声:せっかく面白いのに、ウサンぐさいので閉めるなよ!
・・・・・・・
3557, 今までいきてきた中で一番幸せ
2010年12月21日(火)
 1992年に岩崎恭子バルセロナの平泳ぎ200Mで、よもやの金メダルを
とった時の言葉「今までいきてきた中で一番幸せ」を今も鮮明に憶えている。
当時、14歳の中二の女子が、直後発した言葉で注目されたが、時間が経つに
つれ、その言葉に対する反発が声無き声?として世に広がっていった。
そのためか本人はマスコミに出なくなってなってしまった。世の大部分の人は、
多くの苦労を背負い、日向に当たらず消え去っていく。ところが幸運が重なり、
あの若さで金メダル。その一言で一生、その重さを背負うことになった。
この言葉は、苦労に苦労を重ねた末に発する言葉。人生を振り返ってみると、
心の中で何度も呟いてきたことか。他人がどう思おうが、この言葉が芯から
発することが出来れば、れで良いのではないだろうか。14歳の女の子が、
その時に、そう思ったのだから、世間様がとやかくいうことではない。
 ところで、スポーツ選手が色いろの言葉を残している。
長島茂雄は「失敗は成功のマザー」とか、清原の「どん底に入る時は、
底をもっと掘れ、そうすれば、そこはどん底でなくなる」とか。ことをなした
から、人も注目をするだけ。ところで「今まで生きてきた中で一番幸せのことは、
何?」とは、至高体験から発する言葉。感動、感激の極みである。
その経験なら数限りある。その一つを限定など出来はしない。
これも受けとめ方の問題があるが。 逆に何気なく誰かが言っていた言葉、
「これまでの人生で、あまり良いことが殆ど無かったな〜」を聞いたとき、
エッと思った。 同じ体験をしても、感受性がないのである。言葉として、
それをパック出来ないのではないか。「幸せを感じる力」が無いのである。
「感動、感激を求めて多く経験すれば、その積み重ねが、更に感動、感激を
引き寄せる。それが、「今までで一番幸せ」を感じる経験を多くもたらす。 
手っ取り早く 「私は幸せ」を口癖にし、心の芯から言える訓練をすればよい。
近くの山にでも早朝に登り、日の出をみて、幸せ!と思えれば、数限りなく
幸せと思えるのである。 傍から見たら御目出度いと見えても、それで
良いのではないか。要は、幸せ感は自分が作りあげていく心情でしかない。
それにしても、最近、溜息が多い! 良いこと三つに、悪いこと一つは
仕方ない! 半々? それは受けとめ方、次第。
・・・・・・
5029,ポジティブ・サイコロジー ー?
2014年12月21日(日)
『 ポジティブ・サイコロジー「よい生き方」を科学的に考える方法 』
 クリストファー・ピーターソン (著)を、借りてきた。
『幸福優位7つの法則』の次に読むのに丁度よい内容である。
図書館で、この本を手にとって、以下の部分に目が釘づけになった。
【 おそらく、幸せに関する研究で最も特筆すべ一貫性のある発見は、 
「大多数の人々が予想以上に幸せである」ということだ。指標にも、また調査
対象者の標本にもかかわらず、大半の人々はニュートラルの上、つまり指標の
真ん中の点より上の部分あたりで生きている。人生はたいそう悲劇的なもので、
人々は大変悲惨な状況にあると思い込んでいる私の同僚の心理学者たちが幸せに
関するこの事実に向き合うことを私は願ってやまない。幸せに関する調査は
数多くの国で実施されてきたが、調査結果はだいたい違いを強調する形で示される。
違いは興味深いものなのだが、アメリカの億万長者だからとか、インド・コルカタ
の路上生活者だからといって、そうした違いが大半の人々にとっての本質的な
幸せを曖昧にすることがあってはならない。・・ 】
▼ フロイトユング精神病理学の先生で、潜在意識など、精神症、精神病の
 学者である。だから、調査をした心理学者は、指標の真ん中より上に、大半の
人が住んでいることに驚かされる。そういう私も、実は、7〜8割の人が、
自分は不幸と思っていると思っていた。しかし、少し考えてみれば、どうだろう。
まずは、自分自身である。ある意味で、マサカ有り得ないと思っていた、二つの
経済震災と、自然震災で、この結果になった。しかし、現在、不幸と思ってないが、
現状を知らない人から見たら不幸そのものだろう。それなりの経験と知識が
あって、その対策を40年以上も前から立てていたこともあるが、そのことを
知りえる立場にはない。で、特にネガティブの人が、その視点で物語を創作
しているだけ。人の不幸は蜜の味というが、実は、その蜜は自分の毒でしかない。
 ネガティブが一に対し、ポジティブ三が必要するしかなくなれば、自動的に
それが沸いてくる。 ポジティビティがその効果を現すためには、ある転換点
ティッピングポイント)を超える必要がある。氷が0度を超えると相が転移して
水になるように、ポジティビティ対ネガティビティの比が3:1を超えると
新たなフェーズに突入しポジティビティの上昇スパイラルが発生し、精神の
働きを広げ、生き生きしてくることを、この書も教えている。
だから、この結果も決して悪いものではなかった。とにかく、ポジティブを
三倍、いや6倍以上持つしかない事態だからだ。 まあ、人生は面白い!   

・・・・・・
5759,閑話小題〜「若い時、お世話になりました」 〜?
2016年12月21日(水)
           日野正平 〜野際陽子対談 
   ⁂ 当時の撮影どきに、日野が逃す?   
 ここで、日野が何と、『野際さんがデビューのしたての頃、自分が中高生。
いつも写真をみがなら‘PI・、PI’(消音)をしていた。その節は…』と、面と
向かって話しかける。その時の野際が嬉しそうだが、表情に出して拙いと動揺
していたのが、何とも微笑ましい…。 往年の女優とはいえ、80歳。日野も
68歳、見ている方もかけ合い漫才を見ているようなもの。 もしかして共演を
していた時分に実際? 如何だろうと思えたほど?? 早速、ネット新聞に
<日野正平が、昭和の大女優と「やった」と告白>の記事が出ていた。
さすがにネット新聞、何をやったとは書いてない。その辺りが他のサイトで、
詳しく書いてあった。
《NHKアナウンサーを辞めて、フリーとなった当時26歳の野際が司会を
務めていたTBS系のトーク番組「女性専科」を見てすっかり“野際ファン”
になったと振り返った。「うわぁ、この人いいなぁってと思って。当時、俺、
中学か高校だったんだけど、野際さんが俺の××ペットになりまして。
もう何べん、お世話になったか」と衝撃告白。野際は「ちょっと待って」と
思わず噴いてしまい、両手で口を押さえると、「もっと年齢近いと思っていた
けど、一回り違うからね」とただただ苦笑いを浮かべるだけだった。
 さらに火野は今後に、「ドラマで野際さんとやりたい。夫婦やりたい。
終わって飲みに行きたいな」と野際へ熱烈ラブコールを送っていた。》
――
▼ 他の男優が話をしたら非難轟々だが、その時「え〜なになに」と、
その画面に吸込まれていた>
 以前スナックで、隣席の馴染みの女性が、『サッキね、ある人が帰り際に、
「今夜、あなた相手に××かいて寝るからね!」とソソクサと帰っていった。』
と宣たまったが、その顔の嬉しそうなこと… 最後の捻りは「下ネタ」ですか。
 この逸話に次の文章を加えれば下ネタジョークになる。
<その時、女客がすかさず、「明日の朝の時間を教えてよ、その時に私も
 受けてしているわ!」>   ツマラナイ? 失礼しました!
 ・・・・・・
3922, 精神力ーその偉大な力 ー12
2011年12月21日(水)
  「 精神力ーその偉大な力  ー 」 ダン・カスター著
  * 取り越し苦労をやめるには
 20歳代半ばまでは取り越し苦労をする方だったが、人生経験を重ねるに従い、
「その時になれば、その時!」という言葉が自然と出るようになった。事前に
考え尽くし、最悪も想定して、その対処を列挙して対策を練った後は、その場に
実際に立って知恵をだすしかない。あんずるより産むがやすし、が現実である。 
この本にも、そのことが書いてある。人生は最善を尽くした後は、なるようにしか
ならないのである。未来を恐れない、後悔しないこと、最後は自分独りであること
を充分自覚することである。  取り越し苦労で、多くは自滅をしてしまう。 
 ー まずは、その部分ー
【 仏教徒は、「感情の王国の二つの悪魔は、怒りと恐れである。怒りは燃える
 激情、恐れは凍る激情である。」と言う。怒り、いきどおり、抵抗は、過去に
起こったことへの非健康的な反応です。取り越し苦労は、将来起こうるだろうと
思うものへの恐れは陰惨な非健康的な反応です。起こってないが、起こるだろうと
恐れることです。それは苦難を求めて手を差し出すことです。その習性は繰り返す
ことで現実になることが多いのです。取り越し苦労が頭によぎったら
「悪魔よ、我が後ろに下がれ」と言うがよい。 ・・人間は推理しうる唯一の動物。
推理することは連想すること。取越し苦労は、その推理をマイナスに使うことです】
▼ 取り越し苦労も、必要な場合もある。しかし、やる前に、自滅して人生その
 ものを無為に過ごすほどの失敗はない。どんな問題でも、その中心点を想定し、
エネルギーを集中し続けていれば、いつの間にか、その問題は解決することが多い。
  ーここで著者は次のように自己暗示の言葉を述べているー
《 私は健康で幸福で自由だ。私の知る最善の方法で、なすように計画されたこと
をしている。家族、友人、隣人、仕事仲間を愛している。けんぜんで、そして完全
な創造的な方法で大生命力を表現。最善が私から出ていくので、最善が私に帰る。
愛と善意が不断に私を通して流れ、接触するもの誰しもが私が身を置くあらゆる
ものを祝福する 》 何か、教会で牧師の説教を聞いているようだ。それでよい。
取り越し苦労に身を焼いているよりは。20歳代半ばに、不安の中、誰知れず必死
に読んだ本を40年過ぎた現在に読み返し、納得し、事前、事後を見つめる
のも面白い。信念、志は心の基礎である。
・・・・・・
5394,自分史の書き方  ー?
2015年12月21日(月)
           『自分史の書き方』立花 隆(著)
   * 「はしがき」と「あとがき」について
 本を読むとき、まず「はしがき」と「あとがき」を読み、「目次」に
目を通し、次に最後の章と、第一章を流し読みをする。自分史を書くとき、
‘「まえかき(はしがき)」と「はしがき」は、最後に書け’という。
書き手と、読み手は、全く逆である。この読書日記も、抜粋した要点を
コピペをし、その前後を、「はしがき」「「あとがき」で挟んでいる。
何年後かの自分と、読み手に、『読書や、ネットサーフィンで、こんな
本を読んだよ!』という報告形式の読書日記である。〜その辺りから
≪ 自分史の場合、書くことは基本的にきまっている。それは、自分という
人間がどのようにできあがってきたか、自分自身のメーキング・オブである。
このあたりで、まず、紹介しておきたいのが、先に言及した、わたしの授業で
最初に提出された自分史を書いた、継潔さん(69歳・年齢は当時。)である。
 わたしが授業の最終段階で述べたことは、自分史を書き上げたら、最後に、
「はしがき」と「あとがき」を付けろということだった。そこまでいって
はじめて自分史が完成したといえるということだった。われわれプロの物書き
にしても、一冊の本を仕上げるというのは、「はしがき」と「あとがき」を
書き終えたときなのである。
ここで大事なのは、「はしがき」は決してはじめに書くものではないし、
「あとがき」は全部が終わったあとに書くものではないということだ。
「あとがき」というのは、手紙のポストスクリプト(追申)みたいなもので、
書き終わったあとに、あ、そういえば、あれも付け加えておかなくては、と
あわてて付け加える「ただし書き」のたぐいと思えばよい。それプラス、書き
終えての自分なりの感想である。ずれにしても、本文部分を全部書き終わった
あとで、「あとがき」は自然に出てくるから、出てくるままに書けばよい。
そして、「はしがき」はそのあとに書くのがよい。全部が完成したところで
(「あとがき」までいったところで)、自分史を書くということがどういう
ことであったのかがあらためて見えてくるはずである。その上で書くのが
「はしがき」だということだ。・・ ≫
▼ この随想日記も同じこと。 「はしがき」と「あとがき」は、本文を
 俯瞰して、書き足し、説明の役割を果たすこと。だから、まず、読み手は、
そこから入ればよい。