こころ・魂

閑話小題 ~東京オリンピック総括

* 蒟蒻長屋の談議 まずはニヶ月前の6・08日のテーマ日記から…< ◉ 本当にやるの… ならば 東京オリンピック、本当にやるの… 実行するなら、TV視聴観客が地峡上に数知れず。TV視聴者が現場感覚で注目しやすい面白い内容に総力をあげて編集すれば良い。 あ…

閑話小題 ~アッという間の二週間

* オリンピック期間は、非日常の日々 俄愛国心に煽られ日本人選手を応援したオリンピック期間の非日常の日々が終ろうとしている。明らかに保守政権の選挙対策は見てのとおりだが、それも必要かと思わせるのがスポーツの祭典の成せる業! これからはコロナ過…

閑話小題 ~日々、是、好日(口実)

* 金メダルが、そんなに大事か! 名古屋市長が、即興で金メダルを齧ったパフォーマンスが問題になっているが、怒れたマスコミがつくり上げたレベルでしかない。そんなに、金メダルが大事?スポーツがそんなに神聖なものか…? 現在の日本も世界も明かに変で…

閑話小題 ~オリンピック・ゴルフのホールインワン…

* 見ようとして見えるものでない 昨日、暑さもあり、寝室のTVを見ていたところ、モロッコ女子・ゴルファーのホールインワンを見てしまった。 これは、見ようとして見えるものでない! 別段に誇れるものではないが… 本人にとって歴史に残る金メダル以上の光…

読書日記 ~「ガブリエル哲学」とは ー②

コロナ禍のパンデミック以来、空前の非日常が続いている。世界的疫病の危険の中で、怯える日々。若くして感染をすれば、人生が根底から脅かされる危険な病気。 自分か、身近の感染者の呼吸困難の姿を見ない限り、何か他人事! 特に若者には抵抗力があり、重…

閑話小題 ~コロナ禍の拡大が…

* 世界は苛立っている 日曜日のスポーツ・コーナーを担当する眼鏡をかけた女キャスターも、陽性が判明し、前回から休みに入った。人と接する機会が多いこともある…地方の片田舎もあってか、身近な具体的事例はほゞ聞かないが、安心はできない。専門家も、ま…

閑話小題 ~オリンピックの裏の新型コロナ第5波

* 「医療崩壊」は時間の問題か オリンピック競技が佳境に入り、世界の注目がコロナ禍から目を叛けている間にも、パンデミックの拡大が治まらない。関係者は、一日一日を千秋の思いで過ごしているのだろう。まだまだ、当然のことながら治まる気配はない。連…

閑話小題 ~去年の今時分に… 何をテーマにしていたか?

* フッと思いたったことは… 昨年は暗中模索だったが、今では予防薬のワクチン接種がすすみ、何かしら楽観論が出てきている中で、コロナ禍拡大が止まらない! 三度目の接種の可能性も言及が始まった。二度では安心できないということか?この疫病、後あと、…

閑話小題 ~オリンピック、強行開催の結果は…? -2

* 最近、何となく落込み気味! 人生… 残り僅かな年頃になってきたが、気持ちが全く追いついてない。スポーツジムなどの外出時に、全身が映る鏡をみるにつけ、見知らぬ前屈みの老人の姿に出会い、‘誰だろう?この人’と想いこんでしまう。リタイア後に10年は…

閑話小題 ~金メダルをかけた一期一会の勝負

* 25歳の女性スイマーの執念 金メダルは、取ろうとして取れるものではない。殆ど無名の女子スイマーが女子スイマーとして日本初の金メダルをとった。美人だが地味な性格で目立たない存在。個人メドレーは肉体的に過酷な競技。殆ど期待をかけられない25歳。…

閑話小題 ~つれづれに …オリンピック

* 日本選手が順調のようだが… このコロナ禍が、日本選手には有利に働いているようだが…前半にメダルを取れそうな地元有利の競技を集めたようで、今のところ順調な出だしのようだ! スポ―ジムも、暑さも加わり会員の数が極端に少ないのは当然か。暫く休むと…

閑話小題 ~順調に開催された東京オリンピックは

* 何だろう、これは? コロナ禍の異常事態の中で静かに開催されたが、案の定、盛上りに欠ける。世界の祭典なら、成功を祈るだけだが、そこに露出して見えてくるのが、世界の社会構造の矛盾だけ。在りきたりの官製のオリンピック報道を見る気にもならず、You…

閑話小題 ~霊魂について ―9

* 仏陀やイエス・キリスト、モーゼなどは、 この光の大指導霊、すなわち如来である。 後光は、この光ということか! 日蓮は、常時、後光が輝いていたという。大相撲で、力士が醸し出す空気が虹のように取囲んでいるように見えるのは、これだろう。現在のYou…

閑話小題 ~YouTube… ガスネタから、現在は… 2

* 昼も夜も、商売に休みなし 道路沿いに、カフェテラスのような御店が立ち並ぶ。そこに男客が徒歩か、オートバイ、軽自動車で品定めのため一度は通り過ごす。その後は、何の?値段交渉に入る。「ハウマッチ?」の言葉は世界共通のようだ。値段交渉で、女の…

閑話小題 ~霊感について ー8 * 霊魂の構造とは… =生命体は原子体、光子体、霊子体(魂の中心である心)3体が 1つとなって構成されている= <感謝の心を、報恩という行為にすることが人間の道> なる程である。生活の足るを知ったら、残りは報恩に向ける…

閑話小題 ~終わってみれば白鵬ですか…

* モンゴル支配が、まだまだ 千秋楽に、全勝同意の照乃富士との取組で、白鵬が優勝した。実力からして、こんなところ! 照乃富士に花を持たせる仁義が日本的だが、二人ともモンゴル人。これでも目出度しということになる。このところ、若手に有望力士を見か…

閑話小題 ~霊感について ー6

書きたい内容は、既に何度か書いてあるはずと、今朝、ブログ内検索をすると、案の定あった。なる程、ペラペラな私など自ら認めざるを得ない。それも…毎日毎日なら不感症になっているから、割切れるのだろう。 この手(霊感)の‘際モノなら、御得意である。 …

閑話小題 ~霊感について ー5

『血脈』 佐藤愛子著 * 佐藤愛子のケース ―➂ 父親の霊との融合 まずは=前書きより=【北海道に山荘を建てたときからそれは始まった。屋根の上の足音、ラップ音、家具の移動をともなう様々な超常現象、激しい頭痛。私はあらゆる霊能者に相談してその原因を…

閑話小題 ~霊感について ー4

* 佐藤愛子のケース ―② 父親の霊との融合 まずは、初回からの‘つづき’から ネットビュア~の投稿より≪● 愛子先生には、自らが遭遇した霊的体験を綴った『私の遺言』という著書 がある。51歳のときに建てた北海道の山荘で、数々の超常現象に悩まされる話。美…

閑話小題 ~霊感について ー3

* 佐藤愛子のケース 幽体離脱は、ずばりいうと夢!‘現実と身体感覚が混同して、境目があやふや状態’ではないか… 佐藤愛子が、私とほぼ同じ体験を書いてある。違うのは、文筆家と素人の違い。恐らく数日中に‘何やら不思議な神秘体験が有りそうな?… これだけ…

閑話小題 ~オリンピックまで、あと数日!

* リモート・オリンピックですか? 如何なるのだろう東京オリンピック。 大リーグの大谷フィーバーで助けられてはいるが、オリンピックは別物。 世界のトップ・アスリートが集合する世界的な催事。失敗は許されない大事業。そう、甘くはない。世界も、日本…

閑話小題 ~霊感について -2

* 何やら不思議な感覚が… 何度も書いてきたが、この感覚、内なる暗闇の世界で、底なしである。何故に、この感覚から抜け出たかというと、このブログを始めたためである。このネット空間は、自分の細やかな暗闇など吹飛ばすほど、広く、明るい。そして少しず…

閑話小題 ~霊感について

* このところ、神秘体験について問題にしてないが… この感覚は、何かの切っ掛けで現れ出てきて不思議な現象に振りまわされる。この感覚の持ち主が身近にいて、その影響を受けるケースがあった。意味ある偶然の一致が多く、幽体離脱、研ぎ澄まされた直感など…

閑話小題 ~二度目のワクチン接種の終了

* 昨日の午後、ワクチン接種が終了 3週間前に初回、昨日は2回目のワクチン接種が無事終了した。痛みが前回同様に残ったが、2~3日を目途としてひけるだろう。その効果が出るのは2週間後というから、再来週辺りで安心できることに…身近にコロナ禍の被害者は…

閑話小題 ~ガスネタの面白さに嵌って… ~2

* 20・30年スパンの具体的なネタとは 図書館で、10m程のところから、聞いたことがほど、汚い爆音が…それは、知恵遅れの青年の周囲の気兼ねの無いガスオンであった。気兼ねをしないと、こういうのが出るんだという想いが脳内をよぎった。これも失禁の一つ。…

閑話小題 ~挫折とは何か…?

* 「挫折」とは何を意味するのか…? 人生で数多くの挫折を味わってきた。人生の節目とあいなる経験。その割には、挫折そのものについて深く考察することが少なかった。あるキッカケで、それまで順調だったことが、何やら下むきに回転していく。それだけでな…

閑話小題 ~孤独の鳥の5つの条件

下重暁子著の『人生にとって挫折とは何か』である。元・NHKのアナウンサーで、多くの著書を出している。その中で、16世紀のスペインの詩人クルスの詩を紹介している。「五つの条件」というのは、タレントの大原麗子が衣裳部屋にも貼ってあった詩。 孤独な鳥…

閑話小題 ~大谷フィーバーは続くよ!

* 本塁打王争いで2位ゲレーロJr.に4本差を付けた【MLB】大谷翔平、松井秀喜に並ぶ日本人最多31号 特大140m確信弾で7戦7発 7/5(月) 6:04配信【 エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地のオリオールズ戦 に「2番・指名打者」で先発出場した。…

閑話小題 ~再び、ガスネタ

* さて、明日より大相撲が オリンピック開催のため、一週間早く初日。 今場所は白鵬の引退と、大関・照乃富士の横綱昇進の話題がある。ところがパンデミックもあってか、盛り上がりが少ない。協会も、集団感染の危険もあり、目立った動きを控えているのと、…

閑話小題 ~大谷はベーブルース並みの大物か

* あれよあれよと大谷が 少し騒がれはしていたが、大谷翔平が両リーグトップのホームランの成績。年間に55本のペースになる。 投手としての成績も、そこそこの実績。専門家も、あくまでも本人の意思であって、直に一方に絞られるだろうと評価していたが、こ…